体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名前も職業も……夫のすべてが“嘘”だった

1712301

アジア版カンヌ広告祭と言われるADFEST(アジア太平洋広告祭)Fabluous4部門にてグランプリを獲得するなど、広告界で才能を発揮していた中江和仁監督が初長編映画のメガホンを取った『嘘を愛する女』。

食品メーカーに勤め、業界の第一線を走るキャリアウーマン・川原由加利は、研究医で面倒見の良い恋人・小出桔平と同棲5年目を迎えていた。しかしある日、由加利が自宅で桔平の帰りを待っていると、突然警察官が訪ねてくる。桔平がくも膜下出血で倒れ意識を失ったところを発見されたというのだが、彼の所持していた運転免許証や医師免許証は、すべて偽造されたもので、職業はおろか名前すらも嘘だった事実が判明する――。

夫は一体誰なのか、すべてを偽らなければいけなかった理由とは……? 本物愛とは何かを問う、大人のラブストーリー。公開は、1月20日より。

嘘を愛する女
監督:中江和仁
出演:長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、黒木瞳、吉田鋼太郎
(2018年/日本)
2018年1月20日(土)全国ロードショー
©2018「嘘を愛する女」製作委員会
http://usoai.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。