体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

さくらしめじ、“きのこりあん”と忘年会を開催&カレンダー発売決定

高校1年生フォークデュオ・さくらしめじが、12月29日(金)に光が丘IMAホールで『きのこりあんの集い』を開催。2015年12月29日(火)に初のワンマンライブ『森のきのこの音楽会』を行って以来、きのこりあん(さくらしめじのファン)と一緒に過ごす“忘年会”として年末の恒例行事となっている。
12月29日@光が丘IMAホール Photo by ハヤシ サトル (okmusic UP's)

幕が上がると、こたつとみかん、そしてギターとアコーディオンが置かれたステージには、きのこ柄ちゃんちゃんこ姿の2人が!「始まりました!さくらしめじの忘年会です!!今日は一緒に楽しんでいきましょうね」という田中雅功の一声からまったりゆったりスタート。

当日のお客さんが投票した曲を、その場で引いて演奏するという“リクエスト企画”では、「ガチで緊張しております!」という雅功に、「今日は忘年会じゃないですか。気楽にね!」とマイペースな高田彪我。第1部では「夕空小道」、第2部では「かぜいろのめろでぃー」のイントロをやり直すという通常のライブにはないレアなハプニングに、客席からは逆に歓声が上がる。また、彪我が作詞作曲したソロ曲「ポンコツデリシャスロード」へのリクエスト(2部)では、雅功が客席に座って一緒に盛り上げる一幕も。

「忘年会といったら!」(雅功)ということで始まった『じめじめ うた自慢』では、挙手したお客さんをステージに呼んでカラオケ大会を開催! 1部では彪我がハイテンションで「WHITE BREATH」(T.M.Revolution)を歌い上げ、2部では雅功がEBiDANの先輩アーティストである超特急の「My Buddy」を選曲すると会場中が一緒に踊って盛り上がった。

2017年最後に披露した曲は、2人が舞台上で相談して決めた「いくじなし」。3年前の同じ日にも同じステージで歌ったデビュー曲を、ときどき目を見合わせながら演奏する2人の姿に、きのこりあんが大きな歓声とあたたかい拍手を送った。

そして、2017年もこの忘年会で2018年の目標を発表!舞台上に現れたひもを引っ張ると「野音もそしてその先も大成功だぁ~」(雅功)、「毒キノコじゃなく夢きのこ」(彪我)と書かれた巨大な垂れ幕が登場。雅功は「僕たちもっともっと皆さんに笑顔や夢を届けられるように、いっぱいがんばります」と挨拶。最後に「忘年会はこれをしないと終われない!」という彪我の発言から、2人が「せーの!」と言うと、きのこりあんみんなで「よいお年を~!」と叫んで、さくらしめじときのこりあん全員で一本締め。会場中のきのこりあんを“幸せ笑顔”にして2017年のさくらしめじの活動をしめた。

また、第2部の最後には2018年7月に日比谷野外大音楽堂で行われる『真夏の星空ピクニック』の告知に加えて、2018年2月にカレンダーを発売することも発表!ますます大きなきのこに成長していく2018年のさくらしめじからも目が離せない。

photo by ハヤシ サトル
カレンダー『さくらしめじカレンダー 2018.4 → 2019.3』
2018年2月26日発売

¥1,852+税

仕様:A4判、中綴じ、穴開き(壁掛け型)

ページ数:28ページ

<特典>

「さくらしめじのちょっと盛れた写真2018」

特典は数に限りがありますので、なくなり次第終了となります。

<販売場所>

(1)スタダ便 (2)STARDUST SHOPPERS (3)ローチケHMV (4)HMV店舗 (5)Loppi (6)発売記念イベント

※販売場所(1)~(5)で「さくらしめじのちょっと盛れた写真2018」の絵柄は異なります。

※(6)発売記念イベントには特典は付きません。

■特設サイト

http://www.stardustpictures.co.jp/book/2018/sakurashimejicalendar2018.html
『菌育 in the 家(はうす)ファイナル!「真夏の星空ピクニック」in 日比谷野外大音楽堂』
7月28日(土) 日比谷野外大音楽堂

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。