体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

E3とNTTドコモが開発!子供の留守番を見守る頼もしい友達「petoco」

家で留守番をする子供が心配だが、かといって子供にスマートフォンを持たせる予定もない。

そういう家庭の事情に考慮して開発されたのが、ここでご紹介する「petoco」である。

これは外出中の親と留守番中の子供をつなぐ、新型コミュニケーションデバイスだ。

・家族間通話に特化のデバイス

「ハイ、petoco」、基本操作は、この一言である。

petocoはスマホアプリと連動するメッセージデバイスであるが、petoco本体を操作する側、すなわち留守番中の子供は「ハイ、petoco」のあとに何かしらの言葉を口にするだけで構わない。特殊な操作は一切求められないというわけだ。

テキストメッセージや静画、動画によるコミュニケーションが可能で、また連携先のスマホ以外とは連絡できないようになっている。あくまでも、家族間のやり取りに特化した製品だ。

また、petocoは顔認識機能もあり、予め家族の顔を覚えさせておくことができる。目の前にいる人物がこの家の人か否かを判別するというわけだ。

この製品の開発を手がけたのは、株式会社E3とNTTドコモである。共働き世帯の増加に対応する製品として、これからの普及が期待されている。

・先着50名の枠

petocoは国内クラウドファンディングサービス「Makuake」で資金調達を始めている。

最も安価な提供枠は、税込2万4360円。こちらは先着50名限りの枠で、だんだんと数が埋まってきている。

配送は2月を予定している。

Makuake

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。