体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

永遠のロングセラーはどう生まれたか。みすず書房と『夜と霧』の60年

「言語を絶する感動」と謳われる本がある。

その本は、第二次世界大戦が終わって間もない1946年にオーストリアのウィーンで出版され、日本では1956年に日本語翻訳版が出版された。

原題は“Ein Psychologe erlebt das Konzentrationslager”。

――直訳すると「一人の心理学者が強制収容所を体験する」。

その本は、2012年の時点で、世界で1000万部を超えるベストセラーとなっている。

日本語翻訳版のタイトルは『夜と霧』

出版元は人文・哲学書を中心に扱う、みすず書房だ。

1956年の刊行以来、60年以上にわたり読み継がれてきた『夜と霧』は、2002年に新訳版が出版され、リニューアルが加えられた。また、2017年にはオーディオブック版が「FeBe!」にて配信開始している。

みすず書房と『夜と霧』をめぐる60年という時間は、どのようなものだったのか。

新版の発行に深く関わった、みすず書房代表取締役社長の守田省吾氏は、この作品について次のように語る。

「『夜と霧』は非常に不思議な本なんです。というのも普通、どんなにロングセラーと言われても、出版されてからしばらくすれば売れなくなっていきます。本にはやはり賞味期限というものがあります。

でも、『夜と霧』はコンスタントに読まれ続けている。テレビやマスコミで取り上げられたりもするので、その影響もあるのでしょうけど、むしろ最近は読者が増えています。必ず時代の節目で話題になって、読者が広まるんです。

このような本は珍しい。みすず書房でも例外です。目を覆いたくなるような資料がついた旧版も、新訳で出版した新版も、両方合わせてみすず書房を支えてきたといえます」


(写真=みすず書房・守田省吾氏 提供・みすず書房)

なぜ、『夜と霧』は日本人の心に深く刺さり、私たちに勇気を与え続けてきたのだろうか。

それには本書の成り立ちから説明する必要があるだろう。

■1956年、センセーショナルな広告とともに日本語版刊行

『夜と霧』の原書は前述の通り1946年、オーストリアのウィーンで出版された。

著者はヴィクトール・フランクルというユダヤ人精神科医で、1942年から1945年までドイツ軍によって強制収容所に収容されていた。

その際の経験をもとに書かれたのがこの本である。

「一心理学者の強制収容所体験」というタイトルに少しその雰囲気を漂わせているが、フランクル自体は本書をあくまで「一心理学者」の体験として出版したいと考えていたようだ。

実際、1946年に出版された原書初版の表紙には、著者名が書かれていない。表紙をめくり、その次のページにフランクルの名前が登場する。

また、出版後の注目度は高くなかった。

『夜と霧』を追いかけた河原理子氏のノンフィクション『フランクル「夜と霧」への旅』(朝日文庫)によれば、売れずに2刷で絶版扱いになっていたという。

世界的ベストセラーの第一歩は実は「日本でのヒット」である。

1956年、みすず書房から『夜と霧』というタイトルで出版された本書は、新聞の書評などを中心に絶賛を浴びた。また、みすず書房のセンセーショナルな文句による書籍広告も功を奏したと、守田氏は語る。

「当時の資料を見ると、遠藤周作なんかは『フランクルの意図と本の作りが違うのではないか』というまっとうな指摘をしていますが(笑)、多くの書評においてこの本は受け入れられました。

みすず書房が出した新聞広告を見ると、『ナチの強制収容所に一家ひとくるみ囚えられ、両親妻子ことごとくガスかまどで殺されつつ…』とセンセーショナルに書かれているんだけど、当時彼に子どもはいなかったし、両親がガス室で…というのも嘘でね。当時はこういう衝撃的な文句で広告を出していたんです」

しかし、どうしてオーストリアで絶版になっていた本が、出版から約10年後に日本で発行されることになったのだろうか。

そこに尽力したのが旧版の翻訳者であった臨床心理学者の霜山徳爾氏であった。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy