体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

凛として時雨、アルバム『#5』より新曲「Chocolate Passion」のティザー映像を公開

凛として時雨が2018年2月14日(水)にリリースするアルバム『#5』に収録されている「Chocolate Passion」の“Short Passion”と冠したティザー映像を公開した。
凛として時雨 (okmusic UP's)

映像は激しい照明の中、演奏する凛として時雨の3名の姿と、時折挟まれる妖艶なイメージシーンで構成されており、前作シングル「DIE meets HARD」でのユーモアに富んだ映像から一転、まさに凛として時雨という待望感に満ちた映像となっている。

また、オフィシャルサイトではタワーレコードとTSUTAYAでの予約購入者特典であるクリアファイル及び、ステッカーの画像も公開されている。こちらの予約は1月10日(水)までとなっているので、予約忘れのないよう要チェック。

凛として時雨は12月30日(土)に幕張メッセで行われる『COUNTDOWN JAPAN 17/18』のEARTH STAGEに8年ぶりに出演し、年明け3月からは全国ツアー『凛として時雨 Tour 2018 “Five For You”』を開催する。
『凛として時雨 Tour 2018 “Five For You”』
3月03日(土) 金沢 EIGHT HALL

3月04日(日) 新潟LOTS

3月11日(日) Zepp DiverCity TOKYO

3月17日(土) 仙台GIGS

3月21日(水・祝) サッポロファクトリーホール

3月25日(日) Zepp Osaka Bayside

4月07日(土) 広島 CLUB QUATTRO

4月08日(日) 高松 festhalle

4月14日(土) DRUM LOGOS

4月15日(日) B.9 V1

4月21日(土) Zepp Nagoya

4月30日(月・祝) Zepp Tokyo

<チケット>

立見¥4,860(税込)/2F着席指定席¥5,400 (税込)※D別

※新潟公演、札幌公演はDrink代無し

※東京2公演、仙台公演、大阪公演、名古屋公演は着席指定席あり。その他立見のみ。

※高校生以下の方は会場にて¥500キャッシュバックあり。

小学生は年齢を証明できるものを、中学生・高校生の方は学生証をご持参下さい。

キャッシュバックは、当日ご来場された方に限ります。

■一般発売:1月14日(日)10:00
アルバム『#5』
2018年2月14日発売

【初回生産限定盤】(CD+DVD)

AICL-3479-80/¥3,900+税

※トールサイズ・デジパック仕様

<収録曲>

■CD

01.Ultra Overcorrection

02.Chocolate Passion

03.Tornado Minority

04.Who’s WhoFO

05.EneMe 

06.ten to ten

07.Serial Number Of Turbo

08.DIE meets HARD

09.High Energy Vacuum

10.#5

■DVD

・「Chocolate Passion」Music Video with Making Passion

・「#5」Music Video

・DIE HARD RADIO Season 2

【通常盤】(CD)

AICL-3481/¥3,000+税

<収録曲>

01.Ultra Overcorrection

02.Chocolate Passion

03.Tornado Minority

04.Who’s WhoFO

05.EneMe 

06.ten to ten

07.Serial Number Of Turbo

08.DIE meets HARD

09.High Energy Vacuum

10.#5

<予約購入者特典>

・TOWER RECORDS:オリジナル「#5」A4クリアファイル

・TSUTAYA RECORDS:オリジナル「#5」ステッカー

※~2018年1月10日(水)までのご予約者限定特典
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。