体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonで頻発している「返品詐欺」の手口とは

Amazonで頻発している「返品詐欺」の手口とは

通販サイトはユーザー数が増えて賑わいを見せる一方で、犯罪も蔓延。意表をついた超単純なものもあれば、難解な手口も存在します。そんな中、Amazonで頻発しているのが「返品詐欺」です。Amazonの無条件で返品を受け付ける規約を悪用しています。出品する場合はFBA利用を避けたほうがよいでしょう。

AmazonのFBAを利用した詐欺が横行

Amazonでは、業者だけでなく個人でも小口出品枠で商品の販売が可能です。「フルフィルメント by Amazon(FBA)」と呼ばれるサービスを利用すれば、商品保管から注文処理、発送まですべてAmazonが代行してくれます。

非常に楽に見えるこのシステム、実は落とし穴があり、詐欺が横行しています。Amazonでは商品に問題があった場合は、無条件で返品を受け付ける規約になっており、客からの理不尽な返品処理もすべて自動で受けてしまうのです。

詐欺犯はこのシステムを利用して中身の商品を抜いたり、ゴミのような中古品や海賊品に取り替えてAmazonに返品。Amazonは返品された商品の中身を確認しないまま、それを出品者に戻してしまうのです。

Amazonの返品詐欺が頻発している

出品者は返品されてきて、初めて詐欺に遭ったと気が付くのです。返品されてきた商品が別物だとAmazonにクレームを入れても、「製品の専門家ではないから詳しくは分からない。購入者が不良品だと言っているから返金した」と返答されるのみで、まともに取り合ってくれません。

実際、返品詐欺が任天堂Switchの取引で頻発。出品する場合はFBA利用を避けるのがベターです。また、出品者が情報交換できるセラーフォーラムでは、連日のように返品詐欺に関する質問が投稿されています。

アメリカのとある夫婦が、何百個ものAmazonアカウントを使い回して「届いていない」と嘘のクレームを入れて商品をだまし取ったという話もあります。その額なんと1億3,500万円! Amazonの管理の緩さは、アメリカでも同じようです。

関連記事リンク(外部サイト)

Amazonのあわせ買い対象商品を単体買いする
Amazonギフト券の使い方で絶対得するテク
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
Amazonの定期便は1回限りでも10%オフになる

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。