体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤原ヒロシが仕事を断るのはどんなとき?

藤原ヒロシが仕事を断るのはどんなとき?
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「SAWAI SEIYAKU WONDERFUL LIFE」。12月28日(木)のオンエアでは、ゲストの藤原ヒロシさんがクリスから尋ねられた“ワンダフルライフ”について話していました。

まず「どちらかと言うと僕はラッキーに…全体的にワンダフルライフを過ごせてるなと思いますけどね」と答えた藤原さん。クリスが、「自分の身の丈に合ったことがわかることが大事」という藤原さんの言葉を振り返り、「20代の頃とか『もっともっと』って思ってたのかなと思ってました」と投げかけると、藤原さんは以下のように答えていました。

「『もっともっと』というのは前からあまり思ってないですね。誘われたものを自分の中で精一杯消化していく…そういうタイプですね。だから、『次これやりたい!』とか『僕、絶対これやりたいんだ!』っていうのはほとんど無かったと思います」(藤原さん)

そのため、依頼された仕事に応える、というかたちが多かったそう。その仕事に対して「自分のキャパシティの中でどうやって一番大きく、もしかしたらキャパシティよりちょっとオーバーするくらいの感覚で…楽しくできればいいかなって」という思いで向き合っていたとのことです。

「ちょっとできないかも」いう時は素直にそう言って断ることもあるそう。藤原さんにとって、「できそうだ」と思って闇雲に引き受けるのではなく、藤原さんが引き受けることでお互いにメリットがあるかどうかが大事なのだとか。「決して意地悪で断ってるんじゃないことを本当は理解してほしいんですけど(笑)」と藤原さん(笑)。断ることが先方のためにも良いこと、という時に仕事を断ることもあるそうです。

年末の放送だったため、最後にクリスが「来年もちょこちょこお話聞かせてくださいね」とお願いすると…

J-WAVEで放送中の番組「SEASONS」のワンコーナー「JUN THE CULTURE」のナビゲーターでもある藤原さんは、「ぜひ! それに僕も、こんな明るい窓がいっぱいあるスタジオでやりたいです(笑)」と答えていました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。