体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スクリーンレスで安心コミュニケーション!子どものためのスマートトランシーバー「Relay」が新しい

子どもにスマートフォンを持たせるか、否か。多くの親たちが、頭を悩ませている問題だ。ここで、あらためて考えてみよう。子どもがスマホを使う上で、最も弊害となるものは何か。おそらく、それはスクリーンではないだろうか。画面があるから、ついつい眺めてしまい、結果としてデジタル依存症を引き起こすことだ。

「Relay」の開発意図は、そこにある。安全かつ利便性の高いツールを考えて、たどり着いたのがこの形。スクリーンを完全に取り払った、スマートトランシーバーだった。小さくても、あなどるなかれ。これ1台で、「話す、聞く、学ぶ」の3つを簡単に実現できる。まさに、デジタル時代を生きる親子のための、次世代型コミュニケーションツールだ。

・携帯電話とウォーキートーキーをドッギング

「Relay」は、携帯電話とウォーキートーキー(携帯型トランシーバー)を組み合わせたデバイス。4G LTEまたはWiFiで接続して、トランシーバーのように機能する。

話すときは、中央のボタンを長めに押す。これだけで、同じデバイスを持つ家族や友人が、一斉にその声を聴くことができる。Googleアシスタントに質問したり、ボイスコマンドで音楽を再生する機能も付いている。

コンパクトな手のひらサイズで、持ち運びにも便利。物をなくしがちな子どもなら、時計のように手首に巻くか、バッグに吊るしてもいいだろう。

・発売予定は2018年初頭

カラーは、白、青、水色、ピンクの4色を用意。価格は、本体1台につき99ドル(約1万1000円)。これに別途、サービス使用料6.99ドル/月額(約800円)が付く。販売開始は、2018年初頭の予定。

Relay

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。