体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

minus(-)、年末恒例ライブ『Vermillion #3』で藤井麻輝が復帰

2017年で3回目の開催となるminus(-)の年末恒例のライブ『minus(-) LIVE 2017 Vermillion #3』が、12月27日(水)に東京・新宿ReNYで行われた。ミニアルバム『R』のリリース直後、藤井麻輝がウィルス性肺炎の悪化で入院し、ライブの延期など活動をストップしていたなか、3ヶ月ぶりに元気な姿を見せた。
12月27日@東京・新宿ReNY (okmusic UP's)

ライブは重厚なSEの後「The Victim」「B612」と続き、一気に濃密な空気が会場を包み込む。久々のライブのせいか、今回はMCも多く、途中「1年に1回くらいは犬のことを思いだしても」と、亡くなった相棒・森岡賢のヴォーカルデータを使ったパフォーマンスも披露する。またゲストヴォーカリストとして玲里、YOW-ROW(GARI,SCHAFT)が登場し、『R』の収録曲「Below Zero」「Spell」を披露。minus(-)の世界がまた拡張した瞬間だった。また、終盤には二人が再度登場し、アッパーなナンバーを全員で盛り上げる。これは藤井がMCで語っていたように、この年末ライブはみんなで盛り上がる忘年会にしたい、という意志のあらわれだろう。そして「良いお年を」という挨拶とともにライブは終了。また2018年もこの場所で集まろう、そう聞こえたような気がした。素晴らしい時間だった。

この後minus(-)は、1月に延期となっていたイベント『minus(-)LIVE R2+1』を開催予定。そして2月には2016年夏、大阪・味園ユニバースで行われたライブの映像作品『minus(-)LIVE 2017 “Dutchman’s pipe cactus” OFFICIAL BOOTLEG』のリリースとツアーを控える。2018年のminus(-)の精力的な活動に期待したい。
Blu-ray&DVD『minus(-)LIVE 2017 “Dutchman’s pipe cactus” OFFICIAL BOOTLEG』
2018年2月14日発売

【DVD】

AVBD-92620/¥4,320(税込)

【Blu-ray】

AVXD-92621/¥5,400(税込)
『minus(-) Tour2018 #1』
2月10日(土) 埼玉/HEAVEN’S ROCKさいたま新都心VJ-3

2月12日(月/祝) 神奈川/横浜BAYSIS

2月15日(木) 愛知/ELL.fits ALL

2月17日(土) 福岡/DRUM SON

2月18日(日) 広島/BACK BEAT

2月20日(火) 兵庫/クラブ月世界 

2月21日(水) 大阪/心斎橋VARON

<チケット>

前売 ¥5,500 当日 ¥6,000

※いずれも税込み、ドリンク代別途
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。