体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE YELLOW MONKEY、ヤフオク!ドーム公演で新曲「Horizon」をライブ初披露

THE YELLOW MONKEYが、12月28日(木)福岡 ヤフオク!ドームで『THE YELLOW MONKEY SUPER メカラ ウロコ・28 -九州SPECIAL-』を開催した。約3時間に渡り全27曲をパフォーマンスした。先日、2001年の活動休止前最後のライブ以来約17年振りとなる東京ドーム公演2DAYSを大成功におさめ、続く3公演目のドームとなる本公演は『メカラ ウロコ・28 -九州SPECIAL-』と銘打ち、選曲や演出をガラリと変えて臨んだ。
12月28日(木)福岡 ヤフオク!ドーム photo by MITCH IKEDA (okmusic UP's)

様々な企画やサプライズも用意され、1995年以来約22年ぶりのパフォーマンスとなる「追憶のマーメイド」が披露された時は、イントロが流れた瞬間、客席から悲鳴にも似た歓声が沸き起こった。その後、ライブ初披露となる最新曲「Horizon」はメンバーの演奏と歌声に観客もコーラスで参加する企画が発表されており、MCで吉井も「それでは今夜ここではじめてライブで、皆さんの前で演奏する曲をやらせてもらおうと思います。新しいTHE YELLOW MONKEYとファンの皆さんとの新たな絆の歌、そういう曲になりました。大事に歌っていきたいと思います。一緒に歌ってくれませんか」と語り、再集結から二年間の集大成となる『-九州SPECIAL-』でヤフオクドームいっぱいに歌声が響き渡った。また、この日初披露となった「Horizon」はライブレコーディングされており、後日ヤフオクドーム来場者全員にプレゼントされる。

本編のクライマックスは12月1日(金)からライブ本番当日28日(木)まで毎日ヤフオクドーム特設サイトにて発表されている『カウントダウン・28』の28個目の企画。2016年の再集結後、最初に発表された新曲「ALRIGHT」で、演奏に合わせて客席が光で彩られた。このリストバンド型LEDライト『FreFlow(フリフラ)』を使用した演出は観客からステージのメンバーへのサプライズ企画で、会場とステージが一体となった。アンコールはデビュー曲「Romantist Taste」に続き、「LOVE LOVE SHOW」では歌詞を博多弁で披露する一幕も。この九州SPECIALならではの演出に会場は大いに盛り上がった。先日の東京ドーム公演で活動休止前ラストの曲から、はじまりの曲となった「WELCOME TO MY DOGHOUSE」でステージは幕を閉じた。

photo by KEIKO TANABE、MITCH IKEDA

【セットリスト】

00.Smile

01.Wedding Dress

02.マリーにくちづけ

03.ROCK STAR

04.LOVERS ON BACKSTREET

05.See-Saw Girl

06.花吹雪

07.Love Sauce

08.審美眼ブギ

09.楽園

10.This Is For You

11.O.K.

12.BURN

13.SLEEPLESS IMAGINATION

14.JAM

15.Stars

16.MY WINDING ROAD

17.追憶のマーメイド

18.Sweet&Sweet

19.MOONLIGHT DRIVE

20.Horizon

21.ALRIGHT

22.バラ色の日々

23.悲しきASIAN BOY

24.Romantist Taste

25.LOVE LOVE SHOW

26.アバンギャルドで行こうよ

27.WELCOME TO MY DOGHOUSE
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。