体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

年末年始によく取り締まられる交通違反ベスト3

年末年始によく取り締まられる交通違反ベスト3

交通機動隊はパトカーや白バイ、覆面パトカーを使って交通違反を専門に取り締まる部署。交通機動隊には目標件数という名のノルマが存在します。このため、月末に狙われるのがセコイ交通違反です。気分よく新年を迎えるためにも、年末年始によく取り締まられる交通違反ベスト3を覚えておきましょう。

月末に交通違反を必死に探す隊員

元交通機動隊員によると、交通機動隊には「目標件数」があり、これがいわゆるノルマとなっています。例えば新人なら月に100件が目標。その目標件数を達成しないと、部署の来期予算を減らされることになるので必死に守ろうとするのです。

そして、優秀な交通機動隊員は捕まえやすい交差点など自分の“持ち場”を確保。“持ち場”を回ってスピード違反車を追尾し、しっかり捕まえています。できる人なら1日で20件も取って来るほどです。

しかし、優秀ではない交通機動隊員は月末になっても必死に交通違反車を探さなければなりません。その時に狙われるのが、比較的ラクな左側追い越しや通行帯違反、携帯電話やシートベルトの不備などスピード違反以外の違反になります。

よく取り締まられる交通違反は?

すなわち、年末年始によく取り締まられるのは「通行帯違反」。高速道路では、追い越し車線を走り続けると違反になります。「左側追い越し」も要注意。追い越し車線を使わず、左側の通行帯から追い越すのは違反です。

そして「一時停止無視」もよく取り締まられます。踏み切りや一時停止線などで停まらないクルマを、必死に違反車を探している交通機動隊員は見逃しません。白バイ隊員が1人で取り締まっていることがほとんどです。

このほかにも注意しておきたいのは、テールランプの電球切れなど整備不良。実際はバイクに多いといいますが、意外に運転する当人が気付いてないことが多いので注意しましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。