体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Android 8.1 OreoではGPUレンダラーをSkiaに変更可能

Google が Android の最新版「Android 8.1 Oreo」に GPU レンダラーを変更できる新しい開発者向けオプションを導入しました。GPU レンダリングとは、Android の 2D グラフィックスの描画処理に GPU のハードウェアアクセラレーションを使用するオプション機能です。Android 8.1 では新たに Skia をレンダラーとして設定できるようになりました。Skia は Google が開発しているオープンソースの 2D 用グラフィックライブラリで、Android 8.1 では 2D グラフィックのレンダリングエンジンを従来の OpenGL から Skia に変更することができます。レンダリングエンジンを Skia に変更すると、Android システムやアプリの 2D グラフィックス性能が向上すると予想されますが、現時点で UI の動きに大きな変化は見られませんでした。ただ、いくつかのベンチマークを実行したところ、そのスコアがわずかに向上していました。例えば、Antutu アプリの UI スコアは 30,620 点 だったのが Skia に切り替えると 30,978 点に向上(誤差の範囲内とも見えますが・・・)、Chrome で Octane を実行したところ、8,608 点だったのが 9,003 点に向上。WebGL ベンチマークのピクセルフィルレートを計測したところ、平均 17 Fps だったのが平均 20 fps に向上していました。一部のベンチマークではスコアが向上した一方で、3D グラフィックスベンチマークの GFX Bench のスコアはいずれも微減していました。メリットばかりではないようです。

■関連記事
ヤフー、追加費用不要で雑誌やマンガが読み放題になるYahoo!プレミアム会員向け新サービスを開始
SonyストアでXperia用アクセサリーをお得に販売する年末年始セールを開始
スマートフォンでの文字入力で役立つ小技6つを紹介

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。