体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

モンスター級の痛い男“伊藤”が、女たちの運命を翻弄

1712294

柚木麻子の同名小説を、岡田将生&木村文乃のW主演で映画化した『伊藤くん A to E』が1月12日より公開。

20代半ばで手掛けたテレビドラマで一躍有名になったものの、新作を書けずにいるアラサー脚本家・矢崎莉桜。莉桜は、再起をかけた新作脚本のネタにしようと、自身の講演会に参加した4人の女性たちの恋愛相談を受けることに。しかし、彼女たちを悩ませる男はすべて同一人物で、莉桜が最も見下していた自分のシナリオスクールの生徒である“伊藤”だった――。

容姿端麗だけど自意識過剰で無神経なモンスター級の“痛男”を、岡田将生が怪演。生々しく描かれる恋愛エピソードにどこかゾクゾクしてしまうような、新感覚の恋愛ミステリー!

伊藤くん A to E
監督:廣木隆一
出演:岡田将生、木村文乃/佐々木希、志田未来、池田エライザ、夏帆/中村倫也、田中圭
(2018年/日本)
2018年1月12日(金)全国ロードショー
©「伊藤くん A to E」製作委員会
http://www.ito-kun.jp

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。