体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャリー・フィッシャーの死から1年、「最も素晴らしい人だった」と追悼

キャリー・フィッシャーの1周忌に当たる12月27日(現地時間)、ファンや友人らはTwitter上で彼女への敬意を表明した。

『スター・ウォーズ』シリーズのプリンセスで、反乱軍を率いるレイア・オーガナとして知られたフィッシャーは、2016年12月27日にロンドンからロサンゼルスへ向かう飛行機内で、心臓発作により亡くなった。60歳だった。

彼女の親しい友人であり、『スター・ウォーズ』シリーズで兄弟を演じたマーク・ハミルは、フィッシャーの写真とともに「彼女は私たちの中で生きている」とコメントした。ハミルが作成した#CarrieOnForever(#キャリーは永遠)というハッシュタグは、Twitter上で瞬く間に広がり、多くの人が続いてキャリーへの敬意を投稿した。



コミック本のアーティスト、ビル・シエンキーウィクツは「才能のあり美しく素晴らしい女性。いまだに私たちのプリンセスです」とツイート。



ジョシュ・ギャッドは、GIFアニメとともに「あなたがいなくて寂しい。皆があなたを愛しています」とツイート。ウィリアム・シャトナーは、フィッシャーとハグをしている写真を投稿した。


Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。