体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ダンケルク」など!今年の正月に家で観たいDVD3選

「ダンケルク」など!今年の正月に家で観たいDVD3選
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「BEHIND THE SCENE」。12月28日(木)のオンエアでは、年内最後のオンエアということで、「お正月にゆっくり家で楽しみたいオススメDVD」をご紹介! 映画コメンテーターの有村昆さんにお話を伺いました。

「新作映画も『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』などいろいろありますが、あえてオススメDVDを紹介します」と有村さん。3つのコースに分けてDVD作品を選んでいただきました。

■お一人様コース:「ダンケルク」
「ちょうどBDとDVDが出たばかり。2017年、『ダンケルク』は3本の指に入りますね。

第二次世界大戦が『これからはじまるぞ』という時に、一気に攻めてきたドイツ軍に、フランス軍とイギリス軍がダンケルクという海岸線に閉じ込められちゃったんです。それを脱出させるダンケルク作戦を映画化した作品です。

没入感がすごかったですね。VRゴーグル無しに戦場に自分が降り立ったら、どんな感じになるのか。陸・海・空といろいろな目線で1つの物語が進行していきます。秒針がカチカチ鳴るところから始まって、とある所で止まるんですが…まあびっくりさせられる」(有村さん、以下同)

■カップルコース:「髪結いの亭主」
「1990年のフランス映画。パトリス・ルコントという名匠が撮ったラブロマンス作品。西洋では『髪結いの亭主』って差別的にヒモ男のことを言うんです。主人公のアントワーヌとマチルドが結婚して幸せな生活を送るんですが、フランス映画らしくあらぬ方向にいきまして…。

人間の愛は絶頂があれば、あとは下がっていくしかない。そんなときにマチルドがとった行動とは。カップルも倦怠期もあればいい時期もあるじゃないですか? 『これも1つの形なんだな』という衝撃的なオチになります。ラブラブのカップルが見てもいいし、考えさせられる作品です」

■ファミリーコース:「チャンプ」
「1979年の作品です。これはぜひ、ファミリーで見ていただきたいボクシング映画です。最初は『ロッキー』の焼きまわしと言われてた作品なんですが、そこに親子要素を入れたんです。ジョン・ヴォイトというアンジェリーナ・ジョリーの実のお父さんが主役のビリーを演じていて、子供役はリッキー・シュローダーという天才子役。

昔チャンピオンだったものの、離婚していて酒浸りのダメなお父さんを、子供は『チャンプ、チャンプ』って慕っているんです。ある日別れてお金持ちと再婚した奥さんから連絡が来て『子供を引き取りたい』と言うわけです。裁判をやったらお母さんが強い訳ですが、お父さんがもう一度子供のためにリングに立つんです。

『夢を叶えるとは何なのか?』『親子って何なのか?』、子供目線でも楽しめるし、親は親で楽しめます」

「どれも心に残る作品」と有村さんも大絶賛している3作品。最新作も目白押しですが、家でくつろぎながら名作を観るのも良いかもしれませんね!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。