体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラッパーNENEがハマっている“気持ちいい動画”

ラッパーNENEがハマっている“気持ちいい動画”
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。12月28日(木)のオンエアでは、ゆるふわギャング・Sophieeさんのソロ名義、NENEさんをお迎えしました。

NENEさんは初めてのソロアルバム「NENE」を発売しました。「言いたいことを全部言うことができて、スッキリしました」とNENEさん。ラップを好きになったのは、エミネムさんがきっかけだそうです。

NENE:まわりでラップをやっている男の子が多くて、それで自分もやりたいと思って。男の子がやっていることをまねしてやると、自分が強くなった気がするから。
サッシャ:ひょっとして、おてんばだったの?
NENE:結構、おてんばでした(笑)。

始めは趣味の感覚でラップを作っていたものの、Ryugo Ishidaさんに出会ってからは本気でやろうと思い始めてゆるふわギャングの結成に至ったそうです。ゆるふわギャングで活動する時に比べて、ソロワークで活動する時はジャンルに捉われず、自由にやっているそう。曲作りも、通常は移動中に車の助手席で景色を見ながら考えることが多いそうですが、ソロアルバムでは内面に触れることが多いため、部屋などでじっくりと作るそうです。

また、アルバムにはNENEさんが日本語ラップを聴くきっかけになった5lackさんのほか、SALUさんも参加しています。SALUさんとは、NENEさんが籠っていた軽井沢のスタジオでレコーディングしたんだとか。

「『Game Boy Life』という曲があるんですけど、この曲は家から昔のゲームボーイが出てきて、スタジオに入る直前までずっとポケモンをやっていて、良いところで終わってしまって、スタジオに入ってからも『Game Boyをやりたい』と思ってて、その気持ちを曲にしました」(NENEさん)

後半はNENEさんのストレスを癒すものについてお聞きしましたが、インスタグラムでスライムの動画を見るのがお気に入りだとか。「ビーズが入ってるため、プツプツと音がするのが非常に気持ちいいんです!」とのことでした(笑)。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。