体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕事も「好き嫌い」はハッキリして良い|ネットニュース編集者 中川淳一郎さん

f:id:kensukesuzuki:20171226150000j:plain

さまざまなシーンで活躍しているビジネスパーソンや著名人に、ファミコンにまつわる思い出から今につながる仕事の哲学や人生観についてうかがっていく本連載「思い出のファミコン – The Human Side –」。

今回ご登場いただくのは、ネットニュース編集者の中川淳一郎さん。『NEWSポストセブン』をはじめ、さまざまなウェブ媒体の運営に携わるほか、その知見を生かしてのメディア出演や執筆活動、またイベント登壇も数多く抱えるハードワーカーでもある。現在の多彩で多忙な活動を支える裏には、ファミコンで遊んだ少年時代の経験が脈打っているようだ――

中川淳一郎さん

1973年東京都出身。一橋大学卒業後、博報堂に入社。同社ではCC局に配属され企業のPR業務に関わる。2001年に退社後はフリーライターとして、さまざまな雑誌やネットメディアのライターおよび編集業を経て、ネットニュース編集者の先駆けとなる。現場のリアルな視点からのネット評論にはファンも多く、著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社)、『ネットのバカ』(新潮社)『ネットは基本、クソメディア』(KADOKAWA)などがある。

好きなゲームはナムコ系。「プロが来たな!」と思った

―― まずはファミコンを買った当時の思い出についてきかせてください。

f:id:kensukesuzuki:20171226150149j:plain

ファミコンを買ってもらったのはたしか1984年、小学5年生のときでした。まだ『スーパーマリオブラザーズ』が登場していなくて、ファミコンが大ヒットする少し前だったのですが、実家の近所にできた新しい商業施設のおもちゃ屋が、開店セールでファミコン本体を10,800円で売ってたんですよ。(※定価14,800円)ちょうどまわりの友だちがファミコンを持ち始めた頃だったこともあり、絶好のタイミングで買うことができました。

そのとき一緒に買ったカセットは『マリオブラザーズ』です。『ドンキーコング』『ポパイ』『ベースボール』など任天堂の初期のカセットではよく遊んだのですが、自分としてはナムコのゲームのほうが好みでしたね。ナムコは『ギャラクシアン』をはじめ、ゲーセンのタイトルをどんどん移植してきましたし、ファミコンに参入してきたときには「プロが来たな!」と思いましたから。あと発売前に『ギャラクシアン』の広告が週刊少年ジャンプに載っていて、平賀源内が「ついにこの時代が来たか」「エレキテルもびっくり」みたいなことを言ってるコピーが付いたイラストだったんですけど、あれは今でも印象に残ってます。

f:id:kensukesuzuki:20171226155747j:plain

―― 中高時代はご家族の転勤でアメリカに住んでいたそうですが。

1987年、中学2年生の頃からです。私はアメリカにはファミコンを持って行かなかったんですが、同時期に現地に住んでいた日本人の友人が持っていたので、その彼の家に入り浸って遊んでいましたね。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy