体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

星野 源、ライブ映像作品『Live Tour“Continues”』の全貌を詰め込んだダイジェスト映像公開

星野源が2018年1月10日にリリースする、予約殺到中のライブ映像作品『Live Tour“Continues”』の全貌を詰め込んだスペシャルダイジェスト映像が公開された。今回のスペシャルダイジェスト映像では、ライブのオープニングであった星野源・脚本のボイスドラマ(声の出演は大塚明夫、宮野真守)から始まり、会場全体が一体となって踊った「恋」や、ライブ初披露となった「Family Song」などの映像や特典映像に収録されているツアードキュメントの様子などを先行で公開! さらに、星野源のライブ恒例となったバナナマン、バカリズム、ロバート秋山による “一流ミュージシャン”からのお祝いメッセージ、オーディオコメンタリーの様子など、作品の全貌が垣間見れる映像になっている。
星野 源 ライブ写真 (okmusic UP's)

自身最大規模の全国アリーナツアー『Continues』は、デビュー当時の楽曲から最新曲「Family Song」、さらには星野源のルーツミュージックも選曲・演出に取り込み、ツアータイトルに掲げられた“Continues”の意味通り、音楽の“過去から未来へ”と繋げるライブとして見事に昇華させ、約20万人を越えるオーディエンスを魅了した。本作は、その『Continues』ツアーの最終追加公演、さいたまスーパーアリーナの模様を全編収録している。 さらに、ツアーの裏側に密着したドキュメンタリー映像と、ツアー終了後の撮り下ろしインタビューを交えた約80分に及ぶ特典映像や、おなじみの星野と友人によるオーディオコメンタリーが収録されるなど、総尺約480分の大ボリュームな内容だ。

現在、スペシャルダイジェスト映像と共に、先行してCD音源とはまったく違ったアレンジが魅力の「雨音」と、J-POPシーンを変えたと言われるダンサブルなソウルミュージックの「SUN」のライブ映像もYouTubeオフィシャルチャンネルにて公開中なので、併せてチェックしてほしい。
■『Live Tour “Continues”』特設HP

http://www.hoshinogen.com/special/continues/
Blu-ray&DVD『Live Tour “Continues”』
2018年1月10日発売

【初回限定盤 Blu-ray】(2BD+ブックレット)

VIZL-1293/¥6,900+税

【初回限定盤 DVD】(2DVD+ブックレット)

VIZL-1294/¥6,100+税

【通常盤 Blu-ray】(2BD)

VIXL-206~7/¥6,400+税

【通常盤 DVD】(2DVD)

VIBL-873~4/¥5,600+税

<収録内容>

■DISC 1

星野源 Live Tour 2017『Continues』 追加公演(2017.9.9&10 さいたまスーパーアリーナ)

全22曲 約160分収録

1.Firecracker 2.化物 3.桜の森 4.Night Troop 5.雨音 6.くだらないの中に 7.フィルム 8.夢の外へ 9.「一流ミュージシャンからのお祝いメッセージ」 10.穴を掘る 11.透明少女 12.くせのうた 13.Mad Pierrot 14.時よ 15.ギャグ 16.SUN 17.恋 18.Week End 19.Continues 20.君は薔薇より美しい 21.Drinking Dance 22.Family Song 23.Friend Ship

■DISC 2

Tour Documentary 「to be Continue(s)」 約80分

全10ヵ所、20公演にメイキングカメラが帯同。全国各地のライブやリハーサル、バックステージの模様、そして訪れた各地での星野源を記録したツアードキュメンタリーに加え、ツアー終了後に行った撮り下ろしインタビューを収録。

※星野源と友人によるオーディオコメンタリー付

◎初回限定盤

1. 特製ブックレット(48ページ/フルカラー)

・ツアー振り返り鼎談:星野源×長岡亮介×寺坂直毅

・解説:繋がりゆく現在と、繋げていく未来——「Continues」に織り込まれた音楽と星野源の物語を紐解く(MUSICA:有泉智子)

2. 特殊ケース仕様
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy