体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日常で簡単にとれる発酵食品、オススメは甘酒!

日常で簡単にとれる発酵食品、オススメは甘酒!
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。12月27日(水)のオンエアでは、料理研究家・是友麻希さんをお迎えしました。

発酵食文化研究家という肩書きもある是友さんは、東京農業大学とともに発酵食品の研究を重ねる第一人者。現代人のライフスタイルにあった発酵食品の取り入れ方を提案する、発酵ライフ推進協会の代表としても活動されています。

「現代人は食べ過ぎで、ためているものを排出する必要がある」と、是友さん。食物繊維を豊富に含んでいる発酵食品は、腸内環境を改善したり、便通がよくなるといったメリットもあり、微生物が発酵することでビタミンやアミノ酸といった栄養も摂取できるそうです。

味噌、しょうゆ、みりんなど、日本には発酵調味料が多いとはいえ、あまり食卓に上がらないという家庭が増えているようです。そんな中で、是友さんオススメの発酵食品は、甘酒。今回お持ちいただいたのは、麹と水だけでつくったノンアルコール、ノンシュガーのブルーベリー甘酒です。これを1日におちょこ1杯〜3杯とるだけで、ビタミンB群を摂取することができ、フルーツを入れることでビタミンCも加わった最強のドリンクになるそうです。

作り方は、乾燥麹約200gに60℃位のお湯400ccを混ぜ、4時間キープ。炊飯器を使うと簡単。フタを開けたままで保温すると約60℃をキープできるのだと言います。最近はスーパーでも、麹だけで作られた甘酒が売られるようになっているそうですし、これなら家でも簡単に作れそうですね。

さらに、魚料理の専門家でもある是友さんが作ってくださったのが、発酵サーモンのカルパッチョ。甘酒と塩麹(1:1)を、サーモンのお刺身に塗って、4日間漬け込むとねっとりとした食感になり、普通のお刺身より栄養価が高くなるそうです。

そのほか、是友さんは「数百円の差なので、発酵期間をきちんと設けた、良い調味料を選ぶこと」をオススメしました。是非チェックしてみてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。