体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本酒ラベルが缶バッジに!「SAKEMARK」通販サイトOPEN


輸出額が過去最高を更新し、世界で人気となっている日本酒。その日本酒のラベルに着目した缶バッジを販売するサイトが、2018年1月6日(土)9時よりオープン!


「SAKEMARK」通販サイトで販売される「SAKEMARK」は、各蔵元が意匠を凝らしてデザインしたラベルを缶バッジやストラップ、キーホルダーにした商品。40蔵が現在参加しており、延べ500種類以上のラインナップが登場。飲んだことのある銘柄を探してみたり、デザインに惹かれてその日本酒を飲んでみようという出会いもありそうだ。

日本酒を食事時に飲むだけでなく、日常的に気軽に取り入れられるのが魅力の「SAKEMARK」通販サイトのアイテム。“JAPANESE SAKE”の文化を表している商品は、外国の方へのお土産としても喜ばれること間違いなし!

今回、サイトのグランドオープンを記念して、オリジナル復興支援缶バッジと好みのバッジ3つをセットにした「復興支援バッジパック」を販売。売り上げの約1割は震災などの被害に遭った蔵元への支援に使われる。


個性豊かで味わい深く、日本文化の格好よさも感じる「SAKEMARK」通販サイトのアイテム。あなたも一度覗いてみてはいかが?

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy