体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アフリカの愛とリアルを描いた、本当の“幸福”を知らない女性の物語

1712281

ベルリン国際映画祭銀熊賞・審査員大賞を受賞した、アラン・ゴミス監督の映画『わたしは、幸福(フェリシテ)』が公開中。

コンゴ民主共和国の首都・キンシャサで暮らし、バーで歌いながら、女手一つで一人息子のサモを育てる歌手のフェリシテ。ある日、サモが交通事故で重傷を負ってしまう。連絡を受け病院に急ぐが、「前払いでないと手術はできない」と告げられてしまう。手術代を集めるため、親族や別れた夫、以前お金を貸した男女、最後には見ず知らずの金持ちのボスを訪ねるフェリシテ。徐々に彼女の中で何かが壊れていき、歌さえ歌えなくなってしまう――。

“幸福”という意味の名前を持ちながら、幸福の本当の意味を知らないフェリシテ。絶望の淵に立たされた彼女が見つける本当の幸せとは?

わたしは、幸福(フェリシテ)
監督・脚本:アラン・ゴミス
出演:ヴェロ・ツァンダ・ベヤ、パピ・ムパカ、ガエタン・クラウディア、カサイ・オールスターズほか
(2017年/フランス・セネガル・ベルギー・ドイツ・レバノン)
ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開中
© ANDOLFI – GRANIT FILMS – CINEKAP – NEED PRODUCTIONS – KATUH STUDIO – SCHORTCUT FILMS / 2017
http://www.moviola.jp/felicite/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy