体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国民負担が 年々増加! 電気料金に含まれる「再エネ賦課金」とは?

 

われわれが毎月支払っている、電気料金。電気を使った分だけ料金を払っていると思いきや、「再エネ賦課金」なる徴収額が毎月発生していることは、意外と知られていない。

トレンド総研が20~40代既婚女性500名を対象に、11月に調査した結果、「主婦の8割超が、『冬は他の季節に比べて電気料金が高くなりやすいと思う」という回答を得た。

また、企業や家庭など電気使用者が負担し続けている「再エネ賦課金」の存在について、「知っていた」という人はわずか17%だったという。

この「再エネ賦課金」とはどういう徴収金か?

電力中央研究所の朝野賢司氏によれば、再生可能エネルギー発電促進賦課金(再エネ賦課金)は、2012年7月1日より施行されている、「FIT(固定価格買取制度)」といわれる制度にもとづいて設定された課金。

「FIT」とは、再生可能エネルギーの導入拡大を図ることを目的に、国が定めた仕組み。電力会社はこの制度により、再生可能エネルギーで発電された電気を、割高な価格で一定期間買い取ることを義務づけられている。

そして、再生可能エネルギーの買取価格は、火力や原子力などの発電コストと比べて大幅に割高な設定。家庭の電気料金の場合は、基本的にはすべての人が、使用量に応じて支払うので、使用量が多いほど、「再エネ賦課金」の支払額も増えることに。

われわれは「再エネ賦課金」をどれぐらい支払っているか

 

基本情報は、毎月届く「電気ご使用量のお知らせ」(検針票)に記載されている数字でチェックできる。この検針票に「再エネ賦課金」と金額が明記してある。

たとえば、標準家庭の電力使用量を1か月300kWhとした場合、今年度の「再エネ賦課金」単価の2.64円/kWhをかけると792円。

この792円が、電気料金に加算されている。1年間の負担額は、約1万円にものぼる。

さらに、この「再エネ賦課金」の負担額が、再生可能エネルギーの急拡大にともない年々増加。

初年度の2012年度は年間約800円。今年度は約1万円近くにまでのぼり、初年度から12倍もの負担額を国民は強いられている。

国全体でみると、賦課金の総額は約2.1兆円。これは消費税約1%分の税収に相当する。さらに、将来にわたっても大幅に増加する見通しで、電力中央研究所の試算では、2030年度における賦課金を3.6兆円と見込んでおり、これは消費税に置き換えると、約1.6%分に近い計算になるという。

 

消費税と同じく低所得者ほど負担率が増える

 

電力中央研究所の朝野賢司氏は、この「再エネ賦課金」について、「低所得者ほど税負担率が大きくなる」と伝えている。

「消費税は、低所得者ほど税負担率が大きくなるため、よく「逆進性が強い」といわれる。「再エネ賦課金」も同じ。同じ電力量を使用すればかかる費用は同じになるため、富裕層よりもそうでない家庭のほうが、家計に対する影響は大きくなる」

「現在、安倍政権が消費税を2%上げるのに、慎重な手続きを行っているいっぽうで、「再エネ賦課金」によって消費税約1.6%分に相当する負担が家計に生じてしまっている」(朝野賢司氏)

年々増加する再エネ賦課金、国の政策に注視

こうした電気料金の現実のなか、朝野氏は「エネルギーミックスが重要」とも伝えている。

「今後、ますます発電量が増えていくと予想される、太陽光などの再生可能エネルギーには、「コストが割高」「発電量が不安定」などの課題がある。こうしたなかでは、再生可能エネルギーだけでなく、火力、原子力など、さまざまなエネルギーをミックスした電源構成「エネルギーミックス」が重要になる」(朝野賢司氏)

毎月負担しているこの「再エネ賦課金」をあらためてチェックし、日本のエネルギー事情について正しく理解し、消費税と同じように国の政策を注視していきたい。クリーンエネルギー
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。