体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新しい時代の「リーダー」に求められる10の要件とは?ーー大企業でも40歳が社長になる日がくる

f:id:k_kushida:20171226212747j:plain

『40歳が社長になる日』(幻冬舎)という刺激的なタイトルの書籍が大きな話題になっている。本書で書かれているのは、ベンチャー企業や中堅・中小企業についての話ではない。日本を代表する大企業でも、40歳が社長になる日が来る、と説くのだ。著者の岡島悦子氏による将来仮説によれば、その実現は2025年。となると、現在32、33歳くらいのビジネスパーソンが、40歳にして社長になっている可能性があるという。

どうして40歳の社長なのか。著書『40歳が社長になる日』には、それが詳しく書かれているわけだが、岡島氏は今回、端的に3つの理由を挙げた。「リーダーの役割が変わってきた」「リーダーの選び方が変わってきた」「キャリアづくりが変わってきた」。

40歳社長が生まれる理由。そして、どんな人が40歳で社長になるのか。岡島氏にそれぞれ3回にわたって聞く。今回は最終回(第3回)。前々回(第1回)はこちら、前回(第2回)はこちら。

株式会社プロノバ 代表取締役社長 岡島悦子さん

三菱商事、ハーバードMBA、マッキンゼー、グロービスを経て、2007年プロノバ設立。アステラス製薬、丸井グループ、セプテーニ・ホールディングス、リンクアンドモチベーション、ランサーズの社外取締役。グロービス経営大学院教授。経営共創基盤やグロービス・キャピタル・パートナーズ等、多数の企業の顧問・アドバイザー、政府委員会メンバー、NPO理事等、様々な役職を歴任。ダボス会議運営の世界経済フォーラムから「Young Global Leaders 2007」に選出される。著書に『抜擢される人の人脈力』等がある。

入社10年ほどで、同期は社長候補選抜の母集団に入っている

なぜ「40歳が社長になる」のか。求められるリーダーの役割が変わってきた、リーダーの選び方が変わってきた、という2つの理由を第1回、第2回で語ってきたが、最終回の今回は3つ目の理由「キャリアづくりが変わってきた」について岡島氏に解説してもらった。

「サクセッション・プランニング(次の社長づくり計画)と聞いても、遠い世界の話のように思えて、まったくピンと来ていない若い社員も多いのではないかと思うんです。しかし実際には、大企業でも対象者の選抜は、すでに30歳くらいから始まっています。言い換えれば、入社10年ほどで、すでにサクセッション・プランニングに入っている同期がいる、ということです」

つまり、30歳でサクセッション・プランニングの母集団に入っていないということは、経営陣から「ポテンシャルの高い次のリーダー候補者」として気づかれていないか、見なされていない可能性が高い、というのだ。

「いずれリーダーになりたい、と考えているのであれば、これではまずい、と危機感を抱かないといけません。30歳は、10年後に社長になる候補として、決して若すぎる年齢ではないんです」

だが、まだまだ挽回のチャンスは残されている。注目は、社長後継者育成でキーワードになる言葉だ。それが「早めの修羅場体験」だと岡島氏は語る。

「次世代のリーダー候補には、意図的にタフな仕事を与えて、不確実な状況で意思決定を強いられる立場に追い込んだり、どちらの選択肢をとっても痛みを伴うような意思決定の経験を早めに積んでもらったり、という取り組みを行う会社が増えています。小さめの海外子会社の社長だったり、買収した先のPMI(経営統合担当)トップなどの経験、経営者としての場数を集中的に体験する成長機会を提供して、適性の見極めをしていくんです」

新しい時代のリーダーに求められる10の要件

どうしてなのか。それは、これからの経営には、これまで以上に力が必要になってくるからである。岡島氏はそのための要件を、新時代リーダーの10要件として著書『40歳が社長になる日』に詳しく書いている。岡島氏の解説とともに、ご紹介しておきたい。

【1】課題設定力、先見性、仮説構築力、大局観

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。