体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「この列車は一部無軌道区間を通過します」プラレールのアイディア技がスゴい

「この列車は一部無軌道区間を通過します」プラレールのアイディア技がスゴい

 小さな子供から大きなお友達まで幅広く愛されているプラレールですが、レールのない場所からレールのある場所へのループ軌道を実現させている動画がツイッターに投稿され話題になっています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「レールが足りないので。」というつぶやきとともに投稿した、ごぢさんの動画には一部レールのないプラレールの線路。普通に走らせたらそのまま脱線して走らせている列車がどこかへ行ってしまうと思うのですが……。

 レールの上を走っている新幹線のプラレール、トンネルをくぐって切り替えポイントを通過しそのまままっすぐ行かずにポイントを斜めに進行。その先にはレールがありません。おやおや?と思いながら見守っていると。そのまま新幹線は壁へ。ゴッという音とともに方向を変え壁に沿って走り、そのまま進行方向に待ち受けているレールにオン。見事に一部無軌道区間のループが出来上がっていました。
「この列車は一部無軌道区間を通過します」プラレールのアイディア技がスゴい壁にぶつかって向きを変えた

レールが足りないので。 pic.twitter.com/q8Gb5A4EUJ

— ごぢ (@godi3) 2017年12月27日

 これを見た人たちからは「ピタゴラスイッチか」「発想の勝利」「すごい」「天才的」と大絶賛され海外からもこれはすごいといった反応が。手近にあるものを組み合わせてプラレールで遊んでいたという人の反応も。

 この絶妙なコース設計、ごぢさんは「特に何も計算していなかった」との事ですが、息子さんが基本のレイアウトに飽きてしまったため工夫を重ねられた模様。試しに壁沿いにレールを置いてみたら戻ってくることがわかり、エンドレスにしたくていまの形になったそうですが、固定観念にとらわれないこの発想は確かに天才的。ちなみに、新幹線の車両だからちゃんとレールの上に乗っかっていってくれるようです。他の車両では難しかった様子。

 レールがないとあっちこっちいってしまうプラレールですが、これならずっと見てても飽きないかもしれませんね。

<記事化協力>
ごぢさん(@godi3)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

圧倒的切り株……!猫マスター宅の猫部屋が愛あふれすぎてますます森化
つば九郎契約更改で札束支給!中身はまさかの白紙……?
その発想はなかった!スーパーカップティラミス味の表面がジオラマベースに

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。