体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

圧倒的切り株……!猫マスター宅の猫部屋が愛あふれすぎてますます森化

圧倒的切り株……!猫マスター宅の猫部屋が愛あふれすぎてますます森化

 猫を飼っているとつい色々とおもちゃとか猫用アイテムを買いそろえてしまいがちですが、多頭飼いしているとその傾向はさらに激しくなる様です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 7匹の猫たちと暮らしており「作編曲家兼猫マスター」を名乗る響介さんの猫たちについてこれまで度々紹介してきましたが、その猫たちが主に暮らしている部屋、通称「猫部屋」が切り株クッションと丸太クッションだらけに。もちろん、キャットタワーもラグジュアリー感溢れる爪とぎも猫トンネルなんかも健在ですが、切り株クッションが増えた事で一気に森の中感も増しています。まるでおとぎ話の世界のよう。


 そんな猫部屋で響介さんが切り株クッションにネズミを並べて写真撮ったりしてひとしきり遊んだ翌日……。その切り株にニックさんがちょこん。まるでネズミが取り囲む切り株の円卓に鎮座ましまする、ニック女王といった雰囲気?ネズミたちの視線に若干困惑気味にも見えてしまいますが、隣に見切れている同居猫リュック氏、何だか羨ましげ。

 それにしても見事に切り株やら丸太やらが配置されています。クッション以外にも切り株のスツールなんかもあるのね。ネズミとかの小さなおもちゃの収納にも良さそう。

 こんな森のような猫部屋、このまま猫たちと延々とゴロゴロしたくなっちゃいますよね。そしてそのまま住ませて欲しいレベル……。響介さんは以前「猫のために家を買って猫のために本気で猫専用部屋を作りました。もはや奇行です。」と明言しており、実際猫に対しては並々ならぬ愛情を注いでいます。初期はトトロをメインに配置したそれはそれでかわいい部屋だったのですが、あまりに止まらない猫愛が故に、猫部屋はどんどん進化するばかりです。

個人的最強オススメウォールステッカーはこれ

部屋が一気に明るくなります。天井付近に貼るので狭いお部屋でも開放感が得られます

写真にちらっと映った時のおしゃれ頑張ってます感が強め

実はただいま製作中の猫部屋にも…
乞うご期待!https://t.co/JDisr9aXMq pic.twitter.com/tMykq0LmfR

— 響介 (@HOMEALONe_ksk) 2017年7月10日

猫部屋にテント置いたら完全に林間学校https://t.co/fe6dZrpUzr pic.twitter.com/nT11tZECnp

— 響介 (@HOMEALONe_ksk) 2017年9月22日

我が家の猫部屋に貼ってあるウォールステッカーはこちらhttps://t.co/YWYzDgNmAH

こちらは天井付近から貼ってく感じなのでかなり部屋の雰囲気変わるので殺風景なお部屋にもこれ貼れば解決!

(いつ撮っても座ってるリュックが写り込むのはスルーしてください) pic.twitter.com/9IFFbqIga0

— 響介 (@HOMEALONe_ksk) 2017年10月13日

 猫部屋の進化の様子は、響介さんのブログ「変顔猫リュックと愉快な仲間達」の中でも紹介されていますよ。気になる方はぜひ。

猫部屋の森感が更に強くなりました pic.twitter.com/HIwYD5Rb6P

— 響介 (@HOMEALONe_ksk) 2017年12月25日

<記事化協力>
響介さん(@HOMEALONe_ksk)

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

「この列車は一部無軌道区間を通過します」プラレールのアイディア技がスゴい
つば九郎契約更改で札束支給!中身はまさかの白紙……?
その発想はなかった!スーパーカップティラミス味の表面がジオラマベースに

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。