体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【大人が出逢う、東京古着】代々木八幡CaNARiで知る、大人のための厳選

2002年に中目黒でOPENした「CaNARi TOKYO」。 現在都内に4店舗の系列店を構え、独自の世界観とヴィンテージフィロソフィーを貫きながらも、それぞれのお店でコンセプトやセレクトをマイナーチェンジさせて、多くの古着ファンの心をつかんでいる。

 

独自の視点でセレクトしたヴィンテージアイテムとインポート&ドメスティックブランド、また、オリジナルレーベルCaNARiも取り揃えるCaNARiのフラッグシップショップ「CaNARi YOYOGIUEHARA」をはじめ、“私の街のvintage closet”をテーマに、ローカルな笹塚という街で愛されるヴィンテージセレクトショップ「mellow SASAZUKA」。また、”大人な貴女のVINTAGE MIX CLOSET”をテーマに今のトーキョーMIXスタイルを提案する 駒澤大学の「monalisa TOKYO」など、お店を構えるその街とそこに立ち寄る人々の特性にズームしたお店が魅力だ。
 

そんな数あるお店の中で、今回訪れたのは、2011年2月にオープンした「CaNARi YOYOGIHACHIMAN」。世界中から集めたヴィンテージを中心にデザイナーズ等も自由に融合させたVINTAGE MIX BOUTIQUEだ。元々中目黒でやっていたということもあり、似た街を探したという。お店の少なさや、そこにいる人の層を見たときに、しっくりきたのがここ、代々木八幡だったそう。

お店に入ってまず浮かんだ言葉は「厳選」。 こじんまりとしながらもその奥行きが上手に使われた店内には、アウター、ブラウス、ニット、ワンピース、ボトムにシューズ、パッと目をひく小物アイテムなどデザイン性・珍しさ・状態の良さなどあらゆる視点から見て、質の高いアイテムだけが集う。

出迎えてくれたのは、スタッフの渡辺さんと小曽根さん。 渡辺さんは普段は上原店にいるという。 柔らかく優しいムードと個性を併せ持った彼女たちの存在が、ヴィンテージショップが少ないこの街でも、ふらっとお店に入れそうな、気兼ねない雰囲気を作っている気がする。

オーナーの男性はフリマブームだった15年ほど前に、メンズユーズドからキャリアをスタートさせた。 しかし、いざやってみて感じたのは、「お店ってジーパンだけじゃできないなあ」「棚って埋まらないものだな」という感触だったんだとか。「女の子のことってわからなかったんですけど、あんまり先のこと考えずに、思い切ってやっちゃいました」。 メンズだとつい自分の好みが色濃く出がちだった部分も、レディースだと、それを着る人を含めてフラットに見られる。 レディースへの移行には、そんな発見もあったという。 「女の子の服って自分は着られないから、いい意味で他人事なんです。だからフラットに、直感でいいなって思うものを選べる。メンズを選ぶよりプロセスがストレート。それが良かったのかもしれない」

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。