体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻、日本行きのフライトでトラブル発生 騒動の一部始終をクリッシーがツイート

ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻、日本行きのフライトでトラブル発生 騒動の一部始終をクリッシーがツイート

 2017年12月27日、米ロサンゼルス発成田行きの全日空機に、別便に乗る予定だった乗客が紛れ込んでいることが判明した為、引き返すトラブルがあった。

 たまたまこの便に夫のジョン・レジェンドと搭乗していたモデルのクリッシー・テイゲンが、離陸から約8時間後にLAに戻るまでの一部始終をTwitterに投稿し続けた。

 最初のツイートは、「私にとって初のフライト体験。11時間のフライトが4時間過ぎた時点で、この便に乗っている筈の無い乗客がいるから引き返すみたい」と状況を説明し、「どうして……どうして全員戻らなければならないのか分からない」と当然ながら苛立ちを隠せない様子だ。

 だが、もともとユーモアのセンスがある彼女はすぐにこの不運な状況を楽しむことにしたようで、フォロワーと掛け合いを始める。「何が起きているの、どうして私よりみんなの方が(状況を)把握してるの?私はまだ空中よ!」と嘆き、「lmao(大爆笑)これが終わったら私はどこにも行かないフライトに8時間も乗っていたことになるわね。“グラン・トリノ”を観つつみんなで大いに楽しみながら空を飛んでたけど、もう帰る時間ってか」とジョークを飛ばしている。

 そして「どうしてあまり腹が立たないのかよく分からない。東京へ直行するよりもこの話の楽しさの方が自分にとって価値があるのよね」とつぶやき、「LAXからLAXへのフライト完了。フライト・タイム、8時間20分」と無事着陸したことを報告した。

 到着してからも彼女のツイートは続き、「飛行機から降りられる前に20分の尋問だって!こういうの夢だったの。警察!私と話して私と話して」と状況を報告。その後も通されたラウンジで待機中に出されたインスタントラーメンの写真や、夫との疲れ切ったセルフィーを投稿した。

 その後二人は別のフライトに搭乗し、無事に来日したようだ。機内で誕生日を迎えたレジェンドの写真もアップされている。

◎クリッシー・テイゲンによる投稿
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945827499761692672
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945838804946079744
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945840165393780736
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945844998075047936
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945860380978380800
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945864433326178304
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945869157446193152
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945872485806780416
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945879065700941825
https://twitter.com/chrissyteigen/status/945888628848214016
https://twitter.com/chrissyteigen/status/946120224520077312
https://twitter.com/chrissyteigen/status/946132250168475648

関連記事リンク(外部サイト)

ジョン・レジェンド&クリッシー・テイゲン夫妻が第2子妊娠を発表
ビョーク/フー・ファイターズ/J・レジェンド/セイント・ヴィンセントなどが無償で曲を提供、米NPO支援ボックス・セット発売へ
ビヨンセ/マドンナ/J・レジェンド/コールドプレイら、国際女性デーを支持する公開書簡に署名

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。