体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

瀬川あやか、初のアコースティックワンマン最終公演で2ndアルバム&全国ツアーを発表

瀬川あやか初のアコースティックライブ『瀬川あやかアコースティックライブ2017 東京・札幌~つないだ季節の隙間から~』が、12月25日(月)に札幌ペニーレーン24でファイナル公演を迎えた。今回のアコースティックライブは、“季節をつなぐ”をテーマに、東京は12月3日(日)に青山RizMにて“春”と“夏”公演、そして札幌は“秋”と“冬”公演を開催した。
12月25日@札幌ペニーレーン24 (okmusic UP's)

ファイナルとなった冬公演、ステージは大きなクリスマスツリーで彩られ、会場はソールドアウトで埋め尽くされたファンの熱気と期待が充満。冬をイメージしたSEとともに登場すると、クリスマスアレンジされた「未熟なうた」をしっとり歌い上げ、ライブはスタート。

アコースティックギターを担ぎ「ベストフレンド」「take a chance」とアップテンポな曲で観客をあおる瀬川あやかに座っていたファンも全員立ち上がり、一気に会場はヒートアップ。そこからは各公演に異なる曲で歌い繋げてきた、レアな本人未音源化曲として「またね」、季節にちなんだカバー曲としてB’zの「いつかのメリークリスマス」を弾き語りで披露し、貴重なパフォーマンスに会場は酔いしれた。ライブ定番となった「はりーあっぷ」ではタンバリンを叩きながら縦横無尽にステージを駆け回る瀬川あやか。ファンとの掛け合いもあり、会場の一体感はさらに膨れ上がっていく。最後は「感謝の気持ちを込めて、ひとりひとりの目を見ながら、歌います」と遠距離恋愛を歌った最新シングル「カレイドスコープ」を披露。するとファンが用意したサプライズ演出で、客席が一面雪景色のような純白のライトで包まれた。瀬川あやかも嬉しいサプライズに溢れる感情で涙ぐみながらも、しっかりと丁寧に言葉を紡ぎ歌い上げ、会場は感動に包まれたまま本編が終了。

アンコールではサンタクロースのコスチュームで登場すると「今日はクリスマスプレゼントを用意しました! 来年3月に2枚目のアルバムをリリースします!」と嬉しいサプライズプレゼントも。2018年1月から放送のアニメ『まめねこ』の主題歌で2ndアルバムに収録される新曲「MIKE」を初披露し、会場の熱気は最高潮になった。

さらにファイナルとなったこの日、ダブルアンコールの声に応え、「妄想スニーカー」を披露。恒例となっている振り付け“妄想ダンス”をファンと一緒に踊り、感動と笑顔に包まれたフィナーレとなった。さらに最後の言葉で「実はもう1つクリスマスプレゼントを用意しました! 4月に全国ツアーを開催します!」とさらなるサプライズ発表。東京・大阪・札幌に加えて、初めての名古屋公演を行なうことも発表され、瀬川あやかの次のステージへの期待と歓喜の渦で溢れまま、ライブは幕を閉じた。

2018年3月に2ndアルバムのリリース、4月には東名阪札全国ツアーの開催が決定している。気になる詳細は後日発表されるとのことなので、お楽しみに。

【セットリスト】

M1 未熟なうた

M2 ベストフレンド

M3 take a chance

M4 またね

M5 いつかのメリークリスマス(カバー曲:原曲 B’z)

M6 どんなに…

M7 夢日和

M8 はりーあっぷ

M9 カレイドスコープ

En1 MIKE

En2 Have a good day!

WEn 妄想スニーカー
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。