体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジジが家族になった日

こんにちは。
黒猫大家こと千葉裕二です。

今日は、うちのジジ(黒猫♂)が家族になった日のお話です。

(↑こちらがジジさん。現在6歳です)

妻も猫が好きで、猫と暮らせる環境になったので、いよいよ飼いましょう!というある日のこと。

どちらから言い出したのか今となっては定かではないですが、「里親になろう」という思いは同じで、猫の保護と譲渡を行っている「仙都動物病院」へ行くことになりました。

そこには里親さんを待っている猫たちがたくさんいました。どの子にしたら良いのやらと悩んでいたら…じーっとこちらを見ている黒猫さん。

これがジジとの出会いでした。

この子にしようと決めたのは良いのですが、譲渡担当の方から聞いた話では、以前、里親さんの元で暮らし始めましたが、ご飯も食べず怯えている状況が数日続き、このままではこの子が死んでしまうと、泣く泣く諦めて、譲渡元に戻ってきた子でした。

私たちも猫を飼うのは初めてで、うまくいくのか不安でしたが、この子を引き取ろうと決心し、里親になりました。

警戒心の強い子なので、徐々に環境に慣れるようにとアドバイスに従い、リビングにゲージを設置。ジジはこの中で暮らし始めました。

(↑当時のジジ、生後10カ月。ものすごく警戒中)

まずは、ご飯を食べてくれるかどうか心配でしたが、少しずつ食べてくれて、ホッとしたまでは良かったのですが・・・。

夜になって、私たちがリビングから居なくなり、しばらくするとジジが鳴き始めました。どうしたんだろう?と思い、見に行って声をかけると鳴き止みます。

異常はなさそうなので、寝室に戻りしばらくすると、また鳴き始めます。見に行くとやはり異常なし。

もしかして怖いのだろうか?と思い、なんとなく、私がソファーで寝て、付き添うことにしてみました。

しばらくすると、鳴き始めますが、「大丈夫だよー、ここにいるよー」と声を掛けると鳴き止む。
そんなことを繰り返しました。

これが(妻と交代で)1週間ほど続きました。

ようやく夜鳴きが落ち着いたある日のこと。ゲージから出して欲しいようなそぶりを見せたので、扉を開けたら、ゆっくりと自分から出てきました。

我が家の一員となった日でした。

(↑今でデはすっかりリラックス)

著者:黒猫大家 千葉裕二

にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。