体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。

フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。

カタツムリをスプーンの上にのせたり、コップの中で金魚を泳がせたり。生きものと無機物を組み合わせた写真……と、普通ならば思う。いや、それが正しい見えかた。

けれど…。

そう。これは、みんな絵。

フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。

絵と言われても…
写真にしか見えない!

フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。

どれだけ自分に言い聞かせて眺めても、まったくそう見えてこない、あまりにリアルな質感にため息が出そうになる。

カタツムリの殻の光沢も、触ればぬめっとしていそうな皮膚の質感も、金属についた水滴も、どれも本物にしか見えないんだから。フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。フェイク…を疑う余地すらない、スーパーリアリズムの世界。

現実と創作の境目が曖昧になる超写実的な絵画は、韓国を拠点に活動するアーティストYoung-Sung Kimによるもの。

ここに描かれる生命は、実はどこにも存在しない。フェイクと言われればたしかにそう。でお、何だか世界の見え方が変わってくるような気がしないだろうか。Licensed material used with permission by Young sung Kim

関連記事リンク(外部サイト)

この氷山、実は「イラスト」なんです。しかも、さらなる驚きが・・・
世界初・自動運転でやってくる「スーパーマーケット」
19歳が独学で描いた「3Dアート」に驚きの声が続出・・・

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy