体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

親族の前で「出会いはお見合いパーティ」発言!コレってアリ?ナシ? by まる美

親族の前で「出会いはお見合いパーティ」発言!コレってアリ?ナシ? by まる美 f:id:zexyenmusubi_honnest:20171226193758p:plain

こんにちは、まる美です。

私は協力を得るために友達に婚活していると公言していました。※連載3回目参照

でも「婚活は恥ずかしい」という気待ちはありました。

生まれて27年彼氏がいないのがコンプレックスだったし「あの人はモテないんだ、婚活なんて必死だな」と思われているんだろうなと思っていました。‥‥まぁ事実なんですけどね(涙)

なので、無事に彼氏が出来た後は婚活で出会ったことを隠していました。

彼にも「恥ずかしいから婚活の事は黙って、出会いは友達の紹介って事にしようね」と話し合っていました。彼は了承してくれていたのですが、婚約後の親族の顔合わせでやらかしてくれました。

両家の親、親族がいる前で2人の出会いを聞かれて「お見合いパーティで出会った」と言ってしまったのです。内緒にする約束は緊張していていたせいかすっかり忘れていたそうです。

「お見合いパーティ」と聞いてどよめく親達…一瞬気まずい空気が漂いましたが、彼は「真剣に結婚相手を探していたので参加してみたら まる美さんに出会えました。いいご縁があって良かったです」と言ってくれました。

彼は婚活は単なる出会いの一つにしか過ぎないし、真剣に結婚を考えている人同士が集まる健全な場なんだから恥ずかしがる必要は無いという考えだったようです。

彼の話を聞いて親達も「婚活って流行ってるって言うものね」「私達の頃はお見合いが多かったのよ」と婚活トークが始まり、一気に会話が盛り上がりました。

私は恥ずかしがって婚活の事は隠すことばかり考えていましたが、逆にお互いの結婚に対する真剣さが伝わって好印象を持ってもらえました。

この出来事があってから、私は主人との馴れ初めを聞かれたら正直に婚活の事を話すようになりました。また話してみたら婚活をしている人や、したことなくても興味がある人って意外と沢山いることがわかりました。

婚活トークが盛り上がって新たに友達も出来たり、婚活して恋人以外の出会いも沢山あったので恥ずかしがらずに婚活して良かったと今では思っています。 前回の記事:結婚前の彼氏と大喧嘩。そこで別れずに上手くいったわけ by まる美

f:id:zexyenmusubi_honnest:20170705215343j:plain

著者:まる美

彼氏いない歴27年。恋愛に関心が無かった干物女がアラサーになって婚活に目覚めました。目標は30才までに結婚すること!

ブログ:【婚活漫画】マルモニ~まる美の婚活をモニタリング~ http://ameblo.jp/marumimimimi/

この作者の過去記事

まる美

まる美さんの

過去記事はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

婚活トホホ体験談。特急列車貸切の婚活ツアーに申し込んだら… by とあるアラ子
「“恋愛フラグ”立ったのに……」私に気があると勘違いしてしまう男の言動 by 神崎桃子
付き合う〜同棲〜結婚。その流れ、必至と思うなかれ(後編) by アルパカ子

ホンネストの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy