体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家具の“真の使い心地”は、ネコたちがよく知っている!?

家具の“真の使い心地”は、ネコたちがよく知っている!?

九州に住んでいる動物好きの姉から、はじめて「ネコ家具」という言葉を聞いたのは10月のこと。デザインにネコがあしらわれた愛猫家向けの商品かな、なんて思いながら調べてみたら、家具を使うのはネコのほう。しかも、布地でふわっとした“いわゆるペット用ベッド”とかじゃなくって、人間用と寸分違わない、まさに家具だったのだ。

自由気ままな
ネコも大満足。

 ●ネコソファ家具の“真の使い心地”は、ネコたちがよく知っている!?

「この場所、誰にもゆずらない!」と言わんばかりの我が物顔感。

相当お気に召した様子だ。

 

●ネコベッド家具の“真の使い心地”は、ネコたちがよく知っている!?

こんなにふにゃ〜っとくつろがれると、飼い主としても与えがいがある。

 

ところで、なんでネコかって?

ネコは気まぐれで自由奔放。なんだけど「心地よい場所」に対してはすごく貪欲。だからこそ、ネコが家具を使いたいと感じてくれたら、その家具は本当に使い心地が良いってこと。家具づくりの技術とセンスを証明するために「ネコ家具」はつくられたのだ。

ネコに、試されたのは
「家具の街・大川」の職人魂

そんな「ネコ家具」を手がけるのは「職人MADE大川家具By大川市」家具の“真の使い心地”は、ネコたちがよく知っている!?

福岡県大川市は、470年以上の家具づくりの歴史をもつといわれている。大川市周辺には、家具をはじめとして、彫刻、建具、組子など多くの職人が点在するのだが、「職人MADE大川家具By大川市」は、大川市でつくられる良質な家具を多くの人に届けるために生まれたブランドだ。

同ブランドの想いは「その家具があることで少しでも暮らしを豊かにしたい」ということ。作り手はもちろん、職人魂(=こだわり)を持って家具づくりに携わるすべての人が「職人」であり、その「職人」こそが、暮らしを豊かにする家具を作ることができると考えている。

・・・ということなのだが、この職人魂、「ネコ家具」だからって少しもゆるむことはない。

人間にも、ネコにも全力。

家具の“真の使い心地”は、ネコたちがよく知っている!? 今回、ネコソファの制作にあたったのは「広松木工株式会社」。アメリカ西海岸にインスピレーションを受けたという「サンタフェ」シリーズを、そのままネコ用に縮小して忠実に再現しているのがポイントだ。使い込んだ風合いを出すために家具の角を叩いて丸みを持たせたり、あえてキズをつけたり。手作業でしかできない作業を駆使したものとなっている。家具の“真の使い心地”は、ネコたちがよく知っている!?
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy