体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新年は華やかな和スイーツ&ベーカリーで縁起よくスタート!


2018年のはじまりにスイーツ好きが集まったら、食べてみたいのが新年にぴったりな和スイーツ。ホテルオリジナルのひと味凝ったスイーツなら、大満足すること間違いなし!

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」2階のカフェ「トスティーナ」にて、1月1日(月)~31日(水)の期間限定で発売されるのは、上品で華やかな“和スイーツ&ベーカリー”。


和の“香る”食材として世界的にもますます注目度が高くなっている柚子を使った「柚子ショコラ」550円は、柚子ムースの中にミルクチョコレートのムースが入ったフルーティーなショコラ。柚子の皮と柚子のゼリーで表面をコーティングしたショコラの上には、柚子皮のコンポートをデコレーション。柚子の風味を存分に味わえる。


抹茶ブームに続いて、ラテをはじめスイーツにも広がりを見せているほうじ茶をモンブラン風にアレンジした「ほうじ茶モンブランタルト」550円は、黒糖入りのアーモンドクリームと黒豆を入れたタルトにきな粉ムース、ほうじ茶クリームをあしらったタルト。飾られた金箔と黒豆が新しい年にもピッタリの華やかさ!


黒蜜ときな粉を混ぜたマフィン生地で作った「黒蜜きな粉マフィン」220円(写真左)は、食べていると中から白玉が出てくる和マフィン。黒蜜のフォンダンと黒豆、金箔が添えられたマフィンは、モチモチ食感がくせになりそう。「甘納豆ロール」260円(写真右)は、米粉を練り込んだ生地にアーモンドクリームを塗り、甘納豆を散らして、ロールにして焼きあげたベーカリー。ふりかけた抹茶とグラニュー糖の甘さが絶妙の一品。

新年のはじまりの1月は、和のスイーツやベーカリーでお正月ムードたっぷりに過ごしてみて。

■「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」
住所:千葉県浦安市舞浜1-9

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。