体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

光学18倍のスマホ望遠レンズでお月さまを撮影

スマートフォンで天体を撮影するべく光学 18 倍という、通常のスマホ外付けカメラレンズよりも倍率の高い望遠レンズを購入してみました。Amazon で見つけた「Elecguru 18 倍望遠レンズキット」は、スマホ用外付けレンズキットの長いバージョンといった製品です。レンズの他には、ミニ三脚、汎用スマホアタッチメント、Galaxy S8 専用リアカバーアマウント、収納ポーチが付属する豪華な内容です。価格は 3,299 円とそこそこリーズナブルです。価格、見た目、18 倍というスペックからこれを選択しました。一般的な天体望遠鏡の倍率というのは 50 倍以上が普通なので、今回の Elecguru レンズが天体撮影にあまり適していないことは分かっていましたが、三脚無しでも持てるので風景撮影にも使えるかなと期待してこれにしました。実際に、晴れた夜に月を撮影してみると、スマートフォンで撮影するよりもはるかに大きくて綺麗に撮影することができました。その違いは次の写真で一目瞭然です。スマートフォンだけで月を撮影しても通常はクレーターの有無が大まかにわかる程度の鮮明度しかありませんが、Elecguru レンズを使うと、単体よりもさらに、月表面の大まかな起伏までも確認することができました。このレンズを使用する効果は有ると評価していますが、やはり外付けレンズだからなのか、ピント調節機能を駆使しても上手くピントが合わずに月は依然としてぼやけた状態で写ります。ここが残念なところです。次の写真でも細部はぼやけているので、ピントを合わせづらいのがこの手のレンズのデメリットだと言えます。ただ、価格の割に内容が充実しており汎用性もあるのでおすすめできる一品だと思います。

■関連記事
NHKワンセグ受信契約問題で新たな地裁判決が出る
腕時計やスマートウォッチでFeliCaが使える「wena wrist leather」のレビュー
LINEアプリのタイムラインで友達や家族だけの投稿を見る

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。