体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポルカドットスティングレイ「英会話は〇〇を鍛えよ」

ポルカドットスティングレイ「英会話は〇〇を鍛えよ」
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(火曜ナビゲーター:雫<ポルカドットスティングレイ>)。12月26日(火)のオンエアでは、英語に関する相談に答えたほか、ポルカドットスティングレイのメンバーがお気に入り曲を紹介しました。

雫が学生時代に留学経験があることから、留学にまつわる相談が多く寄せられるそうで、今回は2通の相談に答えました。まずは「1ヶ月の短期留学をするにあたって、アドバイスをください」という相談から。

雫は「相手が何を言っているのか分かるようになるのが、1ヶ月〜3ヶ月くらいかな。これを1ヶ月でモノにするには、イディオム(熟語)を重点的に勉強しましょう」とアドバイス。

英会話は基本的にイディオムの連続。例えば、「You really take after your sister.」(あなたは本当にお姉さんに似てる)と言われたとすると、「take after」をイディオムとして知っていれば分かる文章であるため、そうした勉強が大事とのことでした。

続いて、「留学せずに英語の発音が良くなる方法は?」という相談にも答えました。雫によると、発音は耳を鍛えることで良くなるとのこと。「とにかく聞いてください。聞いて繰り返すことが大事」と強調。英語は日本語と口の形が異なるため、英語の音に慣れることから始めることをオススメしました。

ちなみに、雫は3歳の頃からイングリッシュスクールに泣きながら通っていたそうで、その頃から聞いて繰り返す練習をしていたとか。今になって思えば良い経験で、感謝していると話しました。

ほかにも、今回の放送では、ポルカドットスティングレイのメンバーが選んでくれた曲を紹介しました。

■ウエムラユウキ(ベース)選曲。
オーストラリアのバンドJETの曲「She’s A Genius」を紹介。ちなみに、Paul McCartneyが歌う「Jet」という曲も好きだそうです。

■エジマハルシ(ギター)選曲。
Mili「Imagined Flight」。生バンドっぽいサウンドですが、エレクトロニカやクラシックの要素もある、ポストクラシカル系のサウンド。ヴォーカル・momocashewは、カナダ人でウィスパーボイスの持ち主だそうで、「Yamato Kasaiが作る曲が非常にマッチしていて、素晴らしい世界観」とオススメしました。

■ミツヤスカズマ(ドラム)選曲。
Superfly「タマシイレボリューション」。この曲を聴くとやる気が爆発して「俺に何かを成し遂げさせろ!」という気持ちになれるそうです。

今回は、ポルカドットスティングレイのメンバーそれぞれの好みが分かる放送となりましたね♪

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。