体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KANA-BOONが凱旋!キンプレライブ年末スペシャル

KANA-BOONが凱旋!キンプレライブ年末スペシャル
J-WAVEの番組「THE KINGS PLACE」(ナビゲーター:月・夜の本気ダンス、火・フレデリック、水・never young beach、木・Bentham)。

ロックバンドが日替わりでナビゲーターを務める同番組発のライブイベント「THE KINGS PLACE LIVE」の第15弾が、12月26日に新木場STUDIO COASTで開催されました。今回の出演バンドは、“キンプレ”ではおなじみの夜の本気ダンス、never young beach、Bentham、そしてナビゲーターOBであるKANA-BOON! 4組が共演した当日の模様をお届けします。

■Bentham
トップバッターは、木曜ナビゲーターのBentham。1曲目の「激しい雨」からテンションMAXで口火を切ると、続けてダンサブルなナンバー「クレイジーガール」を演奏。

小関竜矢(Vo/Gt)の「もうすでにみんな楽しいですか? 楽しんでますか?」という問いにも、オーディエンスは歓声で応えます。会場とのやりとりから、この日が初めてのBenthamのライブ…というオーディエンスも多いことがわかったのですが、小関のアツいMCから始まった「パブリック」までの全5曲で、そんな人たちの心を鷲掴みにするパフォーマンス! 熱演でトップバッターをきっちりとやりきって、ステージを後にしました。

1. 激しい雨
2.クレイジーガール
3.HEY!!
4.Chicago
5.パブリック

■never young beach
2組目はキンプレライブに初登場となる水曜ナビゲーター、never young beach。安部勇磨(Vo/Gt)の「メリークリスマス!」の声からスタートしたのは「どうでもいいけど」。その温かみのあるサウンドと声、そして楽しそうに踊る安部の様子に、オーディエンスもゆったりと楽しみます。

MCでは前日のクリスマスに触れ、「ピザを食べたり、チキンを食べたり、ゲームしたり、プレゼント交換したり…いいでしょ?」と安部。メンバーでホームパーティーをしたそうで、オーディエンスからは驚きの声。本当に仲良しなんですね! そんな彼らの様子は27日(水)の「THE KINGS PLACE」でも聴けるのでは…ぜひチェックしてください!

1.どうでもいいけど
2.なんかさ
3.fam fam
4.SURELY
5.明るい未来
6.お別れの歌

■KANA-BOON
3組目に登場したのが、2015年まで番組ナビゲーターを務めていたKANA-BOON。「フルドライブ」「ディストラクション」を一気に演奏すると、会場のボルテージは瞬く間に最高潮に。そんなKANA-BOONの谷口鮪(Vo/Gt)から、OBとしてキンプレライブに戻って来られたことに感謝の言葉が語られたのですが…。

「2013年の秋から2年間、『THE KINGS PLACE』をやってたんですよ…俺1人で。たった1人で! だから、OB枠としてデカい顔をできるのは俺だけやで?」とメンバーに釘を刺しました(笑)。

さらに、楽屋での他の出演バンドとのエピソードも披露して会場の笑いを誘いつつ、OBとして圧巻のステージで会場を大いに盛り上げたKANA-BOONでした。

1.フルドライブ
2.ディストラクションビートミュージック
3.Fighter
4.涙
5.シルエット
6.バトンロード

■夜の本気ダンス
ラストを飾ったのは、月曜ナビゲーター・夜の本気ダンス。1曲目からオーディエンスは飛んだり跳ねたりと盛り上がり、会場を大きく揺らしました。

そして今回も鈴鹿秋斗(Dr)のトークが炸裂!「みんな、『まぁ元気』やけど『めっちゃ元気』ではないんちゃうかなと思って。クリスマスになんかあったん!?」と、鈴鹿節でオーディエンスを煽ります。

それでも年末の忙しい最中に足を運んでくれた喜びを口にし、だからこそ、2017年に溜め混んだものを全部吐き出して帰って欲しいというアツいメッセージを送りました。その言葉を音楽で伝えるように、怒涛のステージを繰り広げたメンバーたち。アンコールを含め、全7曲で2017年最後のキンプレライブを締めくくりました!

1.Call out
2.WHERE?
3.By My Side
4.TAKE MY HAND
5.fuckin’ so tired
6.戦争
en.Crazy Dancer

この日で2017年の「THE KINGS PLACE LIVE」はラストとなりましたが、番組の年内放送はまだ続きます!

さらに、ライブ音源を特別番組「J-WAVE YEAR END & NEW YEAR SPECIAL TIME FOR MUSIC」(12月31日23時―29時)内でオンエアします! 9月28日に行われた「THE KINGS PLACE LIVE vol.14」もあわせて、27時頃からたっぷり2時間の放送。周波数81.3MHzまたはradiko.jpで、お聴き逃しなく♪

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy