体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】BOYS AND MEN『友ありて・・』が総合アルバム首位 ダウンロード1位はB’z『DINOSAUR』

【ビルボード】BOYS AND MEN『友ありて・・』が総合アルバム首位 ダウンロード1位はB’z『DINOSAUR』

 2018年1月1日付の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”では、BOYS AND MEN『友ありて・・』が総合首位を獲得した。

 前作『威風堂々~B.M.C.A.~』以来約1年ぶりのアルバムとなる『友ありて・・』は、初動3日間で63,165枚、初週累計では76,214枚を売り上げてパッケージ・セールス1位を獲得。これが他指標の伸びしろをカバーする形で、総合アルバム首位にデビューした。

 安室奈美恵のベスト・アルバム『Finally』は、前週から引き続き総合アルバム2位をマーク。リリースから7週目にして56,491枚を売り上げてパッケージ・セールス2位、初登場以来トップをキープしているルックアップ1位と、盤石のチャート・アクションを見せている。特にセールスに関しては、前週を上回る数字となっており、2018年以降、この勢いがどこまで続くか、ますます注目が集まる。

 総合アルバム3位には、BIGBANGのメンバーD-LITEによるソロ・ミニアルバム『でぃらいと2』が入った。37,382枚を売り上げてパッケージ・セールス3位となっている。続く総合4位には、LUNA SEAの約4年ぶり、通算9枚目オリジナル・アルバムとなる『LUV』が初登場。パッケージ・セールス4位、ダウンロード4位、ルックアップ13位と、満遍なく高い順位をマークしている。

 リリースから8週目の集計となる米津玄師『BOOTLEG』は、パッケージ・セールス9位、ダウンロード5位、ルックアップ2位と依然好調、総合アルバムでは前週から順位を2つ上げて5位に入った。4週目の集計となったB’z『DINOSAUR』は、12月20日にダウロード配信が解禁、3,576ユニットでこの部門1位となり、総合アルバムでは前週10位から6位に浮上している。

◎【HOT ALBUMS】トップ10
1位『友ありて・・』BOYS AND MEN
2位『Finally』安室奈美恵
3位『でぃらいと2』D-LITE(from BIGBANG)
4位『LUV』LUNA SEA
5位『BOOTLEG』米津玄師
6位『DINOSAUR』B’z
7位『Best Regards!』渡辺麻友
8位『アンコール』back number
9位『THANK YOU BLUE』DAOKO
10位『TURN UP』GOT7
11位『The BEST』KinKi Kids
12位『逆輸入~航空局~』椎名林檎
13位『LOVE it』西野カナ
14位『Back to Basic』Trignal
15位『CYCLE HIT 1991~2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-』スピッツ
16位『HOCUS POCUS 2』Nissy(西島隆弘)
17位『軌跡 BEST COLLECTION+』和楽器バンド
18位『モノクローム』Uru
19位『Eorzean Symphony: FINAL FANTASY XIV Orchestral Album』V.A.
20位『Heart Mining』access

関連記事リンク(外部サイト)

1月1日付 Billboard JAPAN HOT Albums
【ビルボード】BOYS AND MEN『友ありて・・』が76,214枚を売り上げアルバム・セールス首位獲得
BOYS AND MEN「10人みんなで“ウォー!”と喜びました!」 テレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』OP主題歌「進化理論」担当

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。