体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】Hey! Say! JUMP「White Love」が約30万枚を売り上げ総合首位獲得 新しい地図「72」発売わずか1日でダウンロード3位に初登場

【ビルボード】Hey! Say! JUMP「White Love」が約30万枚を売り上げ総合首位獲得 新しい地図「72」発売わずか1日でダウンロード3位に初登場

 Hey! Say! JUMP「White Love」が、初週296,319枚を売り上げてシングル1位、ルックアップ1位の2冠を獲得、他指標ではラジオ52位、Twitter13位となり、“JAPAN HOT100”総合首位に立った。激しい2位争いとなったback number「瞬き」と東方神起「Reboot」。シングル、Twitterでは「Reboot」が、ダウンロード、ラジオ、ルックアップでは「瞬き」がそれぞれ上回り、わずか約100ポイント差でback number「瞬き」が総合2位となった。

 突然のダウンロード解禁となった稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による新しい地図「72」。当週計測期間最終日の12月24日の1日のみで今週のダウンロード3位に駆け上がった。Twitterでも4位と好スタートを切り、彼らの注目度は未だ衰えず、来年もまだまだ訴求を強めていくことだろう。

 先週、リバイバル・ヒットとして取り上げた荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー」とスピッツ「楓」は、今週も並みいる新曲をはねのけてトップ10圏内を守っている。特に「ダンシング・ヒーロー」は、音楽特番での露出が効果を上げ、動画再生数を前週の約220万回から約600万回まで大きく伸ばし、ダウンロードは16位から6位、ストリーミングは6位から3位となり、総合順位を9位から7位に上げている。

 今年のクリスマス・ソング定番曲争いは、山下達郎「クリスマス・イブ」がダウンロード15位、ストリーミング10位、ラジオ2位、動画12位など各指標で高ポイントを挙げ、back number「クリスマスソング」の猛追を振り切り、昨年同時期の雪辱を果たす結果となった。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「White Love」Hey!Say!JUMP
2位「瞬き」back number
3位「Reboot」東方神起
4位「Awaken the power」Saint Aqours Snow
5位「あなた」宇多田ヒカル
6位「バンドワゴン」ラストアイドル
7位「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子
8位「J.S.B. HAPPINESS」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
9位「楓」スピッツ
10位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
11位「72」新しい地図
12位「クリスマス・イブ」山下達郎
13位「Heart Shaker」TWICE
14位「クリスマスソング」back number
15位「人間だから悲しいんだ」THE ALFEE
16位「TT」TWICE
17位「DNA」BTS (防弾少年団)
18位「恋人たちのクリスマス」マライア・キャリー
19位「風に吹かれても」欅坂46
20位「Let it snow!」DEAN FUJIOKA

関連記事リンク(外部サイト)

1月1日付 Billboard Japan HOT 100
【ビルボード】Hey! Say! JUMP『White Love』が約30万枚を売り上げ週間シングル・セールス首位
知念侑李(Hey! Say! JUMP)主演映画『坂道のアポロン』主題歌は小田和正の書き下ろし

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。