体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『龍が如く 極2』で伝説のレスラーの頂点が早口対決! 字幕なしにはわからないレベル

株式会社セガゲームス(東京都品川区)が販売するPlayStation4向けゲーム『龍が如く 極2』には、有名プロレスラー5人(武藤敬司,蝶野正洋,長州力,天龍源一郎,藤波辰爾)が本人役で登場。なんと作中には滑舌の悪いレスラーとして知られる、長州、天龍、藤浪による早口大会もあり、これが異様な可笑しみを醸し出している。

 

レジェンドレスラーたちが『龍が如く 極2』に登場

ビートたけしや藤原竜也、小栗旬に高橋克典と言った面々の他、矢口真里や壇蜜まで出演した過去がある龍が如くシリーズ。2017年12月7日に発売した『龍が如く 極2』にはレジェンドレスラーが登場したわけだ。もちろん、キャラクターの声も本人が演じる。

 

 

主人公・桐生一馬を現場監督とする「真島建設」と対立関係にある悪徳不動産組織のメンバーを5人のレジェンドレスラーが演じる。

ダウンタウンの番組でもお馴染み。ロシア人の妻をもつ蝶野。

武藤。あのムーンサルトは美しかった。

キレちゃいないよ。長州。

65歳まで現役を務めたリビング・レジェンド天龍は、活舌の悪さで有名。

マッチョドラゴン藤波。

実写と見間違うCGによってVシネマ感が更にアップ。もともと、極道を扱った作品なので、強面なレジェンドレスラーたちは溶け込みっぷりがスゴい。

 

「何言ってるかわからない」早口対決が難易度高過ぎる

さて、問題はここからだ。

 

 

この動画は字幕付きだが・・・ゲーム中は、セリフがハテナだけで表示されるので、全力で聞き取らなければいけない。文字を追わずとも聞き取れるだろうか。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。