体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現役大学生で“世界一” DJ YUTO「何事も、好きじゃないと絶対に続けられない」

現役大学生で“世界一” DJ YUTO「何事も、好きじゃないと絶対に続けられない」 現役大学生で“世界一”DJ YUTO「何事も、好きじゃないと絶対に続けられない」 現役大学生で“世界一”DJ YUTO「何事も、好きじゃないと絶対に続けられない」DJ日本一を決める大会「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPS 2016」にて、史上初となる満点でチャンピオンに輝き、世界大会「The 2016 DMC World DJ Championships」で世界一の栄冠をつかみとったDJ YUTO。実は現役大学生で、3年生の時に世界のトップに上りつめたのです。大学入学後から本格的にDJを始めた彼が、3年弱で目標を達成した裏には、どんな努力が隠れているのでしょう。学業との両立や目標を達成するために大切なことを聞きました。

 

人前で表現する場が大会しかなかったから、出場を決めた

現役大学生で“世界一”DJ YUTO「何事も、好きじゃないと絶対に続けられない」穏やかな雰囲気のDJ YUTO。「自分が世界一になるなんて、最初は全然想像してなかったです」

――DJを始めようと思ったきっかけは、何だったんですか?

8歳離れた兄が、高校生くらいの時にDJを始めたんです。それから少し経って、当時中学生だった僕はピアノを習っていたんですけど、だんだん飽きてきて、違うものをやってみたいなと思った時に、DJの兄が目に入ったんです。DMCの大会のビデオを借りて、より興味が湧きました。兄がお年玉として、使わなくなったターンテーブル2台とミキサー、レコード2枚をくれて、触り始めたのが最初ですね。

――そこから今に至るまで、ずっと続けてきたんですか?

いや、実は1回DJから離れたんです。

――どうしてですか?

兄に一式もらってから、半年くらい練習したんですよ。そのタイミングで、10代のDJ日本一を決める「TEEN’S DJ CHAMPIONSHIP」って大会があって、「半年練習したから、いけるだろう」って応募しました。ビデオ審査に通って、東京で開かれた大会に出たんです。その時、初めて人前でDJをやったし、僕よりすごい人達がたくさん出ていたから、頭が真っ白になって、結果も出せなくて、すごく落ち込みましたね。「俺は向いてない」と思って、DJをあっさりやめました。現役大学生で“世界一”DJ YUTO「何事も、好きじゃないと絶対に続けられない」「大会に出る時は、人に勝ちたいというよりも、負けたくないって気持ちが強いですね」

――その経験を超えて、再び始めたのは?

大学進学で、地元の青森から上京した時ですね。大学でできた友達には、クラブカルチャーに携わっている人が結構いて、DJをやってる人も何人かいたんです。クラブにも行くようになって、時間はあるし、またやってみようかなって。東京で1人暮らしを始める時に、インテリアとしてターンテーブルは持ってきていたんですよね。

――DJを再開した時には、既に大会出場は考えていたんですか?

青森から出てきて、伝手もコネもなかったから、クラブで回す機会もなかったんです。人前で表現する場が大会しかなかったので、それなら1位を目指してみようかなって目標にした感じです。

――大学生で初めて出た大会は?

2年の時に「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIPD 2015」に出て、2位になりました。その時は悔しさもあったけど、頑張ったことでこういう結果がついてきたんだって感覚の方が強かったですね。

1 2 3次のページ
fromA(フロム・エー)しよ!!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy