体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【極悪】暴力男ボブサップに流血DVされ続けた女性 / 届いた恐怖メッセージ公開 / 警察署は被害届受理せず

bob-sapp-dv-woman

体重145キロで身長2メートルという巨漢。格闘家として人気を博しているボブサップ(44歳)が、当時の恋人でありマネージャーの女性Aさん(39歳)に6年間も執拗に暴力行為(DV)をしていたことが判明し、物議を醸している件で、新たな事実が判明した。

・死のドライブ
今年の初め、アメリカでAさんの子供も同乗していた車のハンドルを握るボプサップがいきなり雄叫びを上げ始め、猛スピード、急ブレーキを繰り返す無謀運転で殺されかけ、日本に逃げて来たAさんと子どもは、何千通のストーカーメッセージやメールに悩まされ、警察署に出向いた。しかし警察署は被害届を受理してくれなかったという。今回は、その点をメインに報じたい。

bob-sapp8
bob-sapp9

・週刊文春に告発した経緯
ボブサップのDVが世間に発覚したのは、2017年12月21日発売の週刊文春。顔も含めて全身アザだらけで、流血するほどの暴力を受け、いま現在も首の骨が変形したままで、膀胱が壊された後遺症に苦しんでいる。

最近もボブサップから「Aさんの子供に危害を加えると連想される脅しメッセージ」が多数届いており、危機感を感じたAさんが「身を守るための抑止力」としてマスコミに助けを求めた。重要なので重ねていうが、Aさんが週刊文春に駆け込んだのは「身を守るための抑止力」だったのである。もちろん無償で。

・3回も警察署に被害届のお願いをした
Aさんはボブサップから逃げて日本に帰国したのち、3回も警察署に出向き、被害届を出す試みをした。Aさんが逃げて帰国した後も続く、ボブサップから届く病的な脅しメッセージの問題を解決するためだ。

しかしどれほど恐ろしいメッセージだったのか? ボブサップからAさんに送信され続けている恐怖のメッセージの一部を公開する。一部不適切なワードと個人名があるため、編集部にて伏字加工してあることをご了承いただきたい。

・ボブサップから届いた恐怖のメッセージの中からほんの一部掲載
bob-sapp-fear-message11
ボブサップ
「俺は野獣だ!! 地獄の悪魔だ!! 俺は熊のような手で人間も殺せる!! おまえはおまえのプ〇〇ーと子どもを俺に差し出す!! 地獄の世界へようこそ」

bob-sapp-fear-message12
ボブサップ
「俺は魂を売った。おまえの全ては俺の手の中だ。お前は2度死んでいる。証明できる。お前の全ては俺のものだ」

bob-sapp-fear-message18
ボブサップ
「今世か後世、それはお前の選択。お前の人生は俺のもの。それが愛とリスペクトだ!! お前はおれに服従する。俺はこの戦いに決して負けない!! お前を俺はいつも愛してる!! 言葉はお前を傷つけない!!」

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。