体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

幻冬舎×CAMPFIREが共同出資会社設立 出版の新しいカタチに挑戦

幻冬舎×CAMPFIREが共同出資会社設立 出版の新しいカタチに挑戦

 出版社の幻冬舎とクラウドファンディングのCAMPFIREが共同で、クラウドパブリッシング事業を行う共同出資会社、株式会社エクソダス(英語表記 EXODUS, Inc.)を2018年1月末に設立すると発表した。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 取締役会長には見城徹氏(幻冬舎)が就任、代表取締役社長は家入一真(CAMPFIRE)氏が就任する。

 設立会社では、出版とクラウドファンディングそれぞれの特長を生かし、新しい出版モデルの確立を目指していくという。

 「クラウドパブリッシングプログラム」というプラットフォームを考えているといい、一般からプロまで持ち込まれたアイデアに対し、CAMPFIREはクラウドファンディングのノウハウで、幻冬舎は企画力や編集力、宣伝力でバックアップするという。またバックアップは音楽や映像など他メディアとのシナジーも考え、出版にとどまらず様々なアプローチが検討される。

 他にも、資金面ではクラウドファンディングの活用に加え、書籍出版の利益を支援者や制作に関わる人に還元する「利益還元型出版」や、仮想通貨におけるトークンを発行する「トークン発行型出版」なども検討していきたいとしている。

・名称 株式会社エクソダス(英語表記 EXODUS, Inc.)
・所在地 東京都渋谷区
・設立メンバー
 取締役会長 見城徹(幻冬舎)
 代表取締役社長 家入一真(CAMPFIRE)
 取締役 岡田一男(CAMPFIRE)
 取締役 中島真  
 取締役 設楽悠介(幻冬舎)
 取締役 箕輪厚介(幻冬舎)
・主な事業内容 クラウドパブリッシング・プラットフォームの提供
・資本金 未定
・出資比率 幻冬舎:50% CAMPFIRE:50%
・決算期 未定
・設立年月日 2018年1月末日(予定)
資本金、 決算期は未定、 決定次第速やかに公表

関連記事リンク(外部サイト)

現存最古と考えられる666年前の刀剣書写本 佐賀県立博物館で実物を展示
音楽で楽しくお片づけ!デジ家具『CleanUp Orchestra』がおもしろい
ペンタブレットの替え芯に「パスタ」や「爪楊枝」 ワコムさんにリスクを聞いてみた

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。