体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビーントゥーバーのチョコ専門店「マジドゥショコラ」の甘美なる新作に注目!カカオの果実はライチ味!?

ひとくち頬張れば、たちまち幸せな気分になれるチョコレート。コンビニやスーパーでも気軽に購入できるものだけれど、贈り物をするときや、少し贅沢な時間を過ごしたいときには、やはりショコラティエのものを買い求めたくなります。例えばバレンタイン前など、専門店に足を運ぶ方も多いのではないでしょうか。

カカオの果実はライチのような味!? ビーントゥーバー専門店「マジドゥショコラ」の甘美なる新作をご紹介
(C)sweetsholic

数あるショコラ専門店の中から、今年12月にオープンから1年を迎えた自由が丘のチョコレート専門店「マジドゥショコラ」の新作に注目。1月上旬からの発売に先駆け、ひと足お先に試食してきました。めくるめくショコラの甘美な世界をレポートしたいと思います。ショコラ選びの参考にしてみてくださいね!

ビーントゥーバーって?

カカオの果実はライチのような味!? ビーントゥーバー専門店「マジドゥショコラ」の甘美なる新作をご紹介
聞いたことはあるけれど、いまいちピンとこない・・・。まずはビーントゥーバー製法について知っておきましょう。

ビーントゥーバーとは、カカオ豆の仕入れから成型までチョコレートの製造過程を一貫して行うこと。カカオを栽培している農家の方々とダイレクトに連携を取ることで、生産者の生活を豊かにすることも目的とした取り組みです。

カカオの果実はライチのような味!? ビーントゥーバー専門店「マジドゥショコラ」の甘美なる新作をご紹介
松室シェフ(左)、ショコラコーディネーターの市川さん(右) 
(C)sweetsholic

マジドゥショコラでは、オープン当初から一貫してビーントゥーバーにこだわっているんです! そのこだわりがどれほどかと言うと、同店オーナーシェフの松室さんがカカオや仕入先のカカオ農園について話し始めたら止まらなくなる・・・という具合。その熱意を形にしたものが、今回ご紹介するチョコレートたちなのです。

進化系! 香りを楽しむビーントゥーバー

カカオの果実はライチのような味!? ビーントゥーバー専門店「マジドゥショコラ」の甘美なる新作をご紹介
新作の進化系ビーントゥーバーは、カカオ豆と素材を融合させた香りを楽しむフレーバーチョコです。燻製したカカオ豆が奏でるスモークチーズのような風味の「燻」、いつまでも柚子の余韻が続く爽やかな口当たりの「柚子」、パチパチ弾ける食感が楽しいエキゾチックな「花火」など6種類。

果実そのものを味わっているかのような「柚子」は、繊細な香りの緑茶を合わせたくなる味。個人的には、遊び心溢れる「花火」が楽しくて気に入りました。こちらはスパイス入りの紅茶とも相性がよさそう。

スーパーフード「カカオニブ」のフロランタン

カカオの果実はライチのような味!? ビーントゥーバー専門店「マジドゥショコラ」の甘美なる新作をご紹介
フロランタンというお菓子をご存知でしょうか? 日本国内では、クッキー生地にキャラメルと混ぜ合わせたアーモンドをのせて焼き上げるのが主流。同店では、そのままでもおいしいフロランタンにポリフェノールたっぷりのスーパーフード「カカオニブ(※焙煎したカカオ豆を砕いたもの)」をプラス。バターの風味豊かなサクサクのクッキー生地に、カリッとしたカカオニブとアーモンド、コクのあるキャラメルのハーモニーがおいしい1品です。

カカオの果実はライチのような味!? ビーントゥーバー専門店「マジドゥショコラ」の甘美なる新作をご紹介
試食ではパズルの形に切り分けられていました! なんてキュートなのでしょう。フロランタンのほかにも、カカオニブを甜菜糖の衣で包んだものや、カカオニブをアカシアハニーに漬け込んだものなど、カカオニブを使った新商品が登場します。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy