体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女の子の名づけは画数にこだわらなかった。私が優先したテーマとは

f:id:akasuguope01:20170819171749j:plain

1人目は男の子だったので、2人目は女の子がほしい!物は試しに産み分けをおこなった結果、みごと女の子を授かることができました。まさか希望どおりにいくとは思わなかったので、テンションは上がりっぱなしです。

女の子の服を見るだけでワクワクが止まりません。商品のラインナップは断然女の子の方が多い。オシャレの幅が広く女の子ならではの楽しみがあると期待に胸はふくらむばかりでした。もうひとつの楽しみが「名づけ」です。男の子の名づけは画数を優先して考えましたが、女の子の場合は将来苗字が変わる可能性があります。 関連記事:あれこれ悩む名づけ。我が家の名づけルールを決めたらグッと絞り込めた!

そこで画数は気にせず、別テーマで考えることにしました。しかし画数以外で考えるとすれば、どういったテーマにすればよいのか。いざ考えるとなると、何から絞っていけばよいのか分かりません。

私は書店へ行き、女の子の名づけ本を購入。そこには役立つヒントがたくさん載っていました。「季節や親の想い、漢字」など基盤にするとよいテーマのヒントを見つけました。例えばどんな女の子に育ってほしいか、親の想いが伝わる感じを探してみるとします。優しい子に育ってほしい→心優(みゆ)、まわりから愛される子に育ってほしい→万愛(まな)など。流行の名前ランキングを参考にする人も多いようです。

本をすべて読み終え、女の子の名づけで一番優先したいことを見つけました。それは「季節」です。出産予定は夏だったので、夏という文字を使いたいと思ったのです。

次に考えたのが私の名前から一文字とることです。夫の名前も父親の名前から一文字とっています。とても素敵だと感じていたので、わが子の名前も私の名前からとってみることに。そうすると季節感あふれる女の子らしい名前が完成しました。ほかにも何個か候補を考えましたが、最終的に決まったのは一番最初に考えた名前です。

最近は「なんて読むの?」と思う漢字も多いですが、誰が見ても分かる漢字にしました。そして呼びやすく、本人も書きやすい名前に。 関連記事:名前は人生で一番最初のプレゼント。我が家の名付け奮闘記

赤ちゃんが産まれると、さっそく書類に名前を書く機会がありました。そのときに思ったのが、画数が少なくてよかったことです。人生で自分の名前を書く機会はたくさんあります。あまりにも画数が多いと本人が大変だと感じました。

まわりと違った個性ある名前にしたいなど、人によって名づけのテーマは異なります。ただ、名づけは親の趣味だけで決めるものではないとも思いました。子どもがどう思うかを考えることも忘れたくないです。

f:id:akasuguope01:20170722213332j:plain

著者:ヤングマン

年齢:37歳

子どもの年齢:3歳、6歳

3歳の娘が幼稚園に入園し、ようやく一息つけるようになりました。自分の時間が持てる幸せを噛みしめている今日この頃です。心に余裕が持てると、育児や家事が効率よく回せる気がします。週末は家族そろって外遊びに夢中です。アラフォーママですが、子どもの元気についていけるよう日々奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

長男と次男では180度違った「名づけ」の方法。でもどちらにも共通していることがあった!
赤ちゃんの名前、読み方は同じで漢字が違う2つを男女用に用意しました
新しい家族をつなげてくれた赤ちゃん。思いを込めて名前に「結」の字を

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。