体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行・出張に革命! 持ち主の後を自動で付いてくるスーツケースが国内販売開始

年末年始にかけて、海外旅行に出かけたり帰省される方も多い季節。お土産で一杯になったスーツケースを、ごった返す空港で引っ張り回すことを考えただけで憂うつになっている人もいるかもしれない。

そんな手荷物の多い旅行者や出張の多いビジネスパーソンにオススメしたいのが、AIを搭載した完全自律型のスマートスーツケース『Travelmate(トラベルメイト)』。なんとあなたが歩いた後ろを、自走してついてきてくれるのだ!

持ち主の後ろをついてくるスーツケース

まずはTravelmateの驚きの性能について、以下の動画で確認してみてほしい。

TravelmateはアメリカのロボットメーカーTravelmate Roboticsが開発。本体内部にAI機能やセンサー、大容量バッテリーなどを搭載している。セキュリティチェックが世界一厳しいことで知られるアメリカ運輸保安庁(TSA)が認可したTSAロック認証※を採用しており、海外旅行や出張にも安心して使用できる。

※TSA職員が特殊ツールで検査するため、鍵をかけたまま航空会社に預けられるロック

なんといっても驚きなのは、自走すること。Omni wheelという独自開発の車輪を装備し、スーツケースの向きを変えずに360°前後左右に動くことができる。自走はスーツケースを立てた状態(Vertical)でも倒した状態でも(Horizonal)でも可能だ。

TravelmateはAIと機械学習機能を搭載し、障害物を避けながらユーザーの動きに合わせて移動してくれる。スマホに専用アプリ(Android/iOS)をインストールしBluetooth接続すれば、センサーを使ってユーザーを追尾してくれるのだ。最大時速は9kmと結構速い!

このセンサーは優秀で、アプリ内にジョイスティック機能があり、ジョイスティックを回転させればそれに合わせてスーツケース自体もクルクル回る。ジョイスティックを前に向ければ、その動きに合わせて前に進む。まるで従順なペットのような姿に愛着がわくだろう。

内蔵バッテリーからスマホへの給電も可能

TravelmateにはGPSチップタグが付属し、常にアプリからスーツケースの位置を把握できるだけでなく、ユーザーから一定距離を離れた場合は車輪を自動でロックしてくれる。またスーツケース本体からアラームを鳴らして盗難を予防してくれる機能も備える。

もちろん、アプリから本体のロック/アンロックが可能。またスーツケースの重量をアプリで確認することもできるので、空港のカウンターで重量超過を気にする必要がなくなるのもうれしい。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。