体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長めバングを活用して顔周りにアクセントを!編み込みバングをかわいくキメるコツ教えます

長めの前髪、切ってしまうその前に……

かきあげる仕草も魅力的な長めの前髪は人気のヘアスタイルですね。
でも普通の眉ライン位の前髪と違ってカットで簡単に雰囲気を変えれなくて飽きちゃうことも……。

ただ、せっかく伸ばしたのにすぐに切っちゃうのはもったいないですよね。
そこで今回はそんな人にオススメのワンポイントアレンジです。

長めの前髪アレンジ方法。片編み込みアレンジの作り方

1. 前髪を分け取ったら編み始めます。今回は片編み込みなので片方だけ毛束を加えていきましょう。縦スライスでトップから毛束を取り編み込みに加えます。

2. 編み進めながら顔側の編み目を引き出します。こうするとフェイスラインが出すぎずバランスが良いですよ。

3. 毛先まで編んだらヘアゴムで結びます。再度の毛束を少し持ち上げつつ、耳の後ろ辺りでピン留めに。

4. 持ち上げた毛束を下ろして馴染ませると、ピンもヘアゴムも隠せてナチュラルに仕上がります。

ワンポイント前髪アレンジのポイント☆

今回のデザインは前髪が長ければ後はそれを編むだけなんですが、少しのコツで仕上がりが変わります。

まずは毛束を取るポジション。これによって顔が出る面積が変化します。小顔に見せたい人は狭めに三角で取りましょう。
その後に編み込む方向を意識して毛束をと取っていくとキレイです。

次のポイントが編むときの力加減。今回の片編み込みは細かすぎると顔が大きく見えてイマイチな仕上がりに。ザックリと編むのを忘れないようにしましょう。

アレンジのポイントを意識しながら、ぜひ試してみてください。

美容師/福原慶之(intim hair)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy