体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

黒猫チェルシー・渡辺大知「ラブレターのような曲を」

黒猫チェルシー・渡辺大知「ラブレターのような曲を」
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。12月26日(火)のオンエアでは、黒猫チェルシーの渡辺大知さん(Vo)と澤竜次さん(Gt)をゲストにお招きしました。

黒猫チェルシーは、12月に公開された映画「勝手にふるえてろ」で主題歌「ベイビーユー」を手がけています。さらに渡辺さんは、松岡茉優さん演じる主人公・ヨシカの恋人役で出演されています。

映画について渡辺さんは、「ヨシカにウザがられながらもしつこくアプローチしていくっていうか…ラブコメ史上、最も冴えない者たちの映画ですよ(笑)。恋愛未経験で、いつも引っ込み思案で不器用な女の子が主人公で、『初めて告白されたー!』と思ったら、なんか微妙なやつで(笑)。イケメンに告白されたら嬉しいものを、僕のような普通のなんとも言えない男で…そして昔好きだった男の子との間で揺れるっていうお話です」と紹介。

そんな渡辺さんに、サッシャが「演じるって難しいんですか?」と聞くと「えっ…わかんないです(笑)」とひとこと。

そして「でも楽しかったです。すごく刺激をいっぱいもらって、体は楽しんでます。やれてるかどうかは分からないですけど。黒猫チェルシーでライブをやったり、曲を作ったりする感覚と全く違うので、いろいろと勉強になることが多かったです」(渡辺さん、以下同)と続けてくれました。

さらに、「映画の主題歌『ベイビーユー』はどのように作ったか?」という話に。

「僕が演じる“二”ってキャラクターの声で映画を締めたい、彼の気持ちに聞こえたらいい、ということを言われていたんですけど…二の気持ちを作るっていうよりは、渡辺大知として、黒猫チェルシーとして、この映画へのラブレターのような曲が作れたらと思って」

というのも、この主題歌を作る前に渡辺さんは完成した映画を見たそうで、その時に「すごくいい映画だと思った」のだとか。「自分が出てたことも忘れて、この映画のファンになっちゃって。『この作品のいちファンとして、こういう曲が最後にかかってくれたらうれしいな』『こんな感じの曲がきたら、最後に救われたような気持ちになるんじゃないかな』という思いで作りました」とのこと。

コーナーの後半では、黒猫チェルシーの2人がその「ベイビーユー」を、アコースティックバージョンで生披露してくれました!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。