体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これだけは知っておきたい!カリフォルニア ディズニーランドリゾート攻略法【現地ルポ】

ディズニーリゾート発祥の地!出発前にこれだけは知っておきたいカリフォルニアディズニーリゾート攻略法
カリフォルニア州アナハイムに位置するディズニーランド・リゾートは、ディズニーの生みの親、ウォルト・ディズニー監修のもと1955年に世界で初めてオープンしました。ウォルトが実際に手掛けた唯一のパークであり、現在に至るまで世界中でたくさんの人を魅了しているディズニーリゾートの発祥の地でもあります。

「地球上で一番ハッピーな場所」をモットーに、カリフォルニアのディズニーリゾートはディズニーランド・パークと、2001年にオープンしたディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークの2つのパークから成り立っています。

今回は、これから年末年始に向けて更なる盛り上がりを見せるカリフォルニア ディズニーランド・リゾートにご旅行をお考えの方に、出発前にぜひ知っておきたい旅のまとめ・攻略法をご紹介します。

入園時のセキュリティについて

ディズニーリゾート発祥の地!出発前にこれだけは知っておきたいカリフォルニアディズニーリゾート攻略法
訪れたのがクリスマスシーズンだったため園内のデコレーションもクリスマス仕様です

パークに入る前には持ち物検査と金属探知機によるセキュリティチェックがあります。持ち物検査では、鞄のチャックや小物を入れる箇所は全て開けて見せる必要があり、底まで入念にチェックされるので、中身をできるだけ整理しておくとスムーズです。

セキュリティチェックを抜けたらいよいよエントランスに向かうことができます。パークチケットを手元に用意して、順番が来たらキャストにチケットをスキャンしてもらいます。その後キャストの持っているスキャナーで一人ずつ顔写真を取られます。入園者全員の顔写真を撮るため、朝の時間帯は特にエントランスに長蛇の列が。入園の際は時間に余裕を持ってゲートに向かうとよいでしょう。

入園後のパークチケットは肌身離さず持ち歩こう

パークチケットはファストパスを取る時と、ファストパスを使ってアトラクションに入る時に必要です。ファストパス自体にはアトラクションに乗れる時間帯の記載しかされていないため、実際にアトラクションに乗れる時間が来たら今一度パークチケットを使って入場します。

ディズニーリゾート発祥の地!出発前にこれだけは知っておきたいカリフォルニアディズニーリゾート攻略法
ファストパス乗り場の入り口にあるマシンにパークチケットをスキャンして入場します

アトラクションによっては、二か所でチケットをスキャンする場合があるので、パークチケットは滞在中決して無くさないように、そして取り出しやすい所にキープしておくのがよいでしょう。

2017年から新たに導入!有料ファストパスについて

ディズニーリゾート発祥の地!出発前にこれだけは知っておきたいカリフォルニアディズニーリゾート攻略法
カリフォルニアのディズニーランドパーク並びにカリフォルニア・アドベンチャーでは、2017年7月から、マックスパスのサービスが導入されました。通常のチケットに$10ドルを追加で支払うとマックスパスを利用することができるようになります。マックスパスがあれば、パーク内どこにいてもスマートフォンを使ってファストパスを取ることができるので、効率よくパークを周りたい方にはオススメのサービスです。

パークではどの程度日本語が通じる?

ディズニーリゾート発祥の地!出発前にこれだけは知っておきたいカリフォルニアディズニーリゾート攻略法
カリフォルニアディズニーランドパーク、カリフォルニア・アドベンチャーでは、基本全て英語対応です。筆者が滞在した二日間の間では、日本語を話せるキャストに出会うことはありませんでした。日本語のガイドマップが必要な方は、セキュリティチェックを終えてパークに入園する前、カリフォルニア・アドベンチャー側のエントランス横にあるゲストリレーションのカウンターで、日本語のマップを貰うことができます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。