体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

羽田空港で人気の「東京ばな奈」TOP5を発表!羽田空港限定商品もランクイン♪

羽田空港で人気の「東京ばな奈」TOP5を発表!羽田空港限定商品もランクイン♪ 2017年発売の「羽田空港限定」が大人気! 羽田空港で人気の「東京ばな奈」TOP5♪

東京みやげの大定番といえば、言わずも知れた「東京ばな奈」ですよね。ですが、「東京ばな奈」と一口にいっても、たくさんのシリーズがあるので、どれを選んだらいいのか迷っちゃう人もいるのではないでしょうか?

今回は羽田空港で人気の「東京ばな奈」商品TOP5が発表されました!(2017年9月1日〜9月30日、羽田空港国内線における売上をもとに集計)

定番の味だけではなく、羽田空港限定の「東京ばな奈」もランクイン!

今年の帰省土産に迷っている人は要チェック! 羽田空港で人気の「東京ばな奈」TOP5をご紹介します♪

記事配信:じゃらんニュース

ハート柄にヒョウ柄! かわいい「東京ばな奈」が第4位、第5位にランクイン♪

東京ばな奈ハート メープルバナナ味

まず、第5位に輝いたのは「東京ばな奈ハート メープルバナナ味」♪「東京ばな奈」史上、 最もかわいらしいデザインが特徴のこちら。まずなんといっても、パッケージに魅了されること間違いありません! 赤いリボンをつけた「東京ばな奈」の愛らしくてキュートなデザインに、思わず釘付けになっちゃいますよ♪

商品は、ふわふわのスポンジケーキにハートマークがあしらわれていて、しかもメープルシロップの香り漂うバナナカスタードが中に入っています。あま~いひと時をお過ごしあれ♪

東京ばな奈ツリー シャリーメイト

続いて第4位は、「東京ばな奈ツリー シャリーメイト」! こちらは今回のTOP5の中で唯一のクッキーです♪あまりにもかわいすぎるヒョウ柄がデザインされているのは、薄焼きラングドシャの本格派クッキー。こちらはサンドとなっており、中にはミルキーバナナショコラがイン! 見た目だけでなく、バナナを思いっきり楽しめる逸品ですよ♪

まさに期待のゴールデンルーキー! 第2位、第3位には羽田空港限定の新商品がランクイン!

東京ばな奈カステラ メープル味

第3位には、羽田空港限定の「東京ばな奈カステラ メープル味」が選ばれました! 2017年9月に発売されたばかりのこちらは、1本の大きな本格カステラからくりぬかれたバナナの形がとってもユニーク! カステラはもちろんバナナ風味です♪バナナ、カステラ、メープルシロップが三位一体となり、幅広い世代が楽しめる味わいになっていますよ♪

空とぶ東京ばな奈 はちみつバナナ味

第2位は、これまた羽田空港限定の「空とぶ東京ばな奈 はちみつバナナ味」がランクイン♪こちらも2017年8月に新発売された新商品! はちみつの名のとおり、「東京ばな奈」がしましまのミツバチ模様で自由に空を飛んでいるイメージがとってもキュート♪空港限定なのもうなづけますよね。

はちみつ独特の芳香さにバナナの味わいが加わってとっても美味しいこちら。食べたら幸せのあまり思わず空を飛んでみたくなるかもしれませんよ♪

やっぱりこれでしょ! 第1位はあの王道商品だ!

東京ばな奈

第1位に輝いたのは、やはり長くトップを走り続ける「東京ばな奈」でした! 1991年に“新しい時代の東京みやげ”として発売されて以来、長く愛され続けているこちらは、やわらか~いスポンジの中にとろ~り甘いバナナカスタードクリームが入っている、東京みやげの代表ともいえる逸品です。帰省先のお父さんやお母さん、そしてお友達に渡せば、みんな笑顔になること間違いありません!

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は王道の「東京ばな奈」が第1位となりましたが、今年発売の商品を含め、「東京ばな奈」の牙城を脅かす逸品が次々と誕生しています! 成長し続ける「東京ばな奈」ファミリーから目が離せません! 自分の中でお土産の新しい定番を「見ぃつけたっ」となれば良いですね♪

情報提供元:株式会社グレープストーン

※この記事は2017年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

伊勢えび、カニ…冬は海鮮グルメ旅へ♪夕食クチコミ90点以上の宿8選【関西・東海・北陸】
高速道路別!年末年始の渋滞予測&回避術おしえます【関東近郊】
<じゃらん宿大賞2017>1万円台以下で泊まれる「クチコミ100点満点」の宿【東北】

じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。