体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

佐賀県をPRする萌えキャラクター「七福カレー」と「前線カレー」2種を九州佐賀国際空港内で同時発売!

生活・趣味

商品名
「七福咖哩(カレー)」、「前線咖哩(カレー)」概要
日本各地にある名産とローカルな観光地をキャラクターとマンガでPRする事業を手掛ける株式会社神羅カンパニー(所在地:佐賀県武雄市、
代表取締役 松尾佳鷹)は、
2017年12月23日より、
佐賀県販売促進キャラクター「七福少女えびすちゃん(http://ebisu-chan.jp)」と佐賀県鹿島市で配信しているバーチャルアイドルキャラクター「おとぎ前線(http://otogi-zensen.com/)」をパッケージにしたレトルトカレーの販売を開始しました。

◎「七福少女えびすちゃん」は現在、
漫画や動画を含めたコンテンツ継続の為にクラウドファンディングプラットフォームMakuakeにて【新世代!七福少女達えびすちゃんの制作応援プロジェクト!佐賀から世界に羽ばたこう!】のプロジェクトを実施しています。

▼当プロジェクトクラウドファンディングページ [2017年10月27日~2018年1月29日]  
https://www.makuake.com/project/ebisuchan/

■クラウドファンディング概要(佐賀の恵比須像の数は日本一)
 「七福少女えびすちゃん」は佐賀県の2016年トライアル発注採択事業として、
佐賀県特産品を海外へPRする為に制作された佐賀県公認のPRキャラクターです。
今回、
クラウドファンディングで第1部まで連載が終了している漫画と動画「七福少女えびすちゃん」の第2部から第5部までの続編制作を行います。
 
 「七福少女えびすちゃん」は佐賀県を護る七福神の恵比須様に使命を受けた少女達が、
佐賀県の特産品や観光地の活性化を邪魔する災害などと戦う愛と希望と夢の物語です。
第1部の漫画では佐賀県内のPRをしていますが、
続編となる第2部以降は物語はあるものの資金面の関係で制作できていません!

◎「おとぎ前線」は佐賀県鹿島市を舞台に配信しているバーチャルアイドルキャラクターで、
今回は新発売のカレー以外に、
佐賀県の銘菓「丸ぼうろ」も商品展開しています。
カレー内には鹿島市の観光MAPを同封しています。

☆販売場所
・九州佐賀国際空港

1 2次のページ
みんなのPRの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会